みなさんは快楽責めにはどんな道具を使っているの?

2021年9月10日

〝Y〟の施す〝ゆえ〟への調教。色々な責めがあるけど、〝Y〟が大好きなのは「快楽責め」。

中でも〝ゆえ〟を全身拘束した上での「寸止め」は、もう、涎が出てくるくらいの大好物。「ご、ご主人様ぁ…、はぁ、はぁ、はぁ、〝ゆえ〟は、〝ゆえ〟はもう耐えられません。イカせて、イカせてくださぁぁぁぁぁいぃぃぃぃぃ!」という絶叫は何度聞いても楽しい。

さて、そのときにはどんな道具を使っているのか、興味のある方もいらっしゃるかも。

実は、特別なものは使っていない…よ。たぶん。

〝ゆえ〟にイラストで描かせたら、次の通り。

そうそう、これが現在愛用している快楽責めの道具。

それにしても、自身を猫のイラストで描いてくれるとは…(笑)。

まず、快楽地獄から逃れられないように全身拘束は必要だから、アルファインでは「SMチェア」や「宇宙遊泳」あるいは「十字架」や「X字架」に拘束。これは欠かせないよね。さらに、口枷や目隠しも。

その上で、まず、乳首が敏感な〝ゆえ〟、乳首責めのローターを。これを装着すると、それだけで大きな快楽の渦に巻き込まれる〝ゆえ〟。しかも、振動している乳首をさらに〝Y〟が指で押さえると、そのまますぐに昇天。それでは面白くないので(笑)、寸止めでは指押さえをしないように、ご主人様は我慢、我慢。

そして、クリに当てるローターは何と言っても「バッハローター」。R1コントローラーの威力は絶大。弱い振動から、最大の電マ級まで。これが寸止めでは威力を発揮するんだ。

〝ゆえ〟はイク前には「イキます」と宣言させ、イッタ後も必ず「イキました」と言うように躾けてある。この躾は完璧で、何も言わずにイッテしまうということは今まで、あまりない。だからこそ、ご主人様の側でいえば、寸止めが楽にできるわけだけどね。

さらに、クリの責めを繰り返していると、「ご主人様、中にも、中にもお願いします!」と懇願されたときのために、バイブのP.S.Aileは必須。形状が独特でGスポットを刺激しやすい。

寸止めを繰り返しているときに、このバイブを軽く挿入、先端がGスポットに触れた瞬間に潮を吹いてしまう。

そして、ローターをきつく当てればそれでもう、あっという間にオーガズムに至り、呼吸停止となるけれど、さらに大きなスケールで「寸止め」するには、電マが便利。我々はフェアリーミニを使っている。なんといっても、強弱の調整が本体のボリュームスイッチで微妙に出来るところが良いねぇ。そして、電マ本来の強力な振動もあって、この快楽は破壊的。拘束されながらも〝ゆえ〟が全身を何度も激しく痙攣させる姿はもう、眺めているだけで加虐感が最高に満たされる。

というわけで、〝Y〟が使う快楽責め道具の紹介でした!皆さんはどんな道具を使っているのかな?

ところで、幼い頃よりアートに興味ある〝ゆえ〟。さらっとイラストを描くと上手。だから〝Y〟は密かに「画伯」と呼んでいる(笑)。今回、このブログの記事に「道具を使っているイラストを描いてごらん」と命令したのだけど、数日後、書いてきたのは前述のように「猫」のイラスト!ま、可愛らしいから、いいけどね。それに道具は的確に描いてくれている。

もう少しリアルなのも…とお願いしたら、次のイラスト。

うん、なかなか線が個性的だね。フェイスクラッチマスクも細部にわたりよく描けている。何よりも、〝ゆえ〟自身の被虐感が良く出ていると思う。

〝ゆえ〟が次にどんなイラストを描いてくれるのかも密かな楽しみ。