やわらかまんぼう~その後

2021年9月12日


こうして「やわらかまんぼう」を持たせて
〝ゆえ〟に強制オナニーをさせるのも楽しい

以前、このブログにディルド「やわらかまんぼう」のお話を書いたよね(こちら)。すごく使い勝手の良いディルドだって。今日はその続編のようなお話。

実はこのやわらかまんぼう、我々のプレイにとってはその後欠かせない存在になっているんだ。継続して長期にわたって使うという道具はたくさんあるけど、これほど、連続して使い続けるという道具はちょっと珍しい。

理由は簡単。軽量で扱いやすく、それでいてその効果が非常に大きい。コストパフォーマンスがきわめて高い道具だとも言える。

前回の記事の後半にも書いたけど、とにかく、これで十分に楽しんだあと、ご主人様のおちんぽ様を挿入した時の反応はものすごい。そう、挿入前の前戯に使う道具としては最高の位置づけ。もちろん、これは個人差があると思うし、まだ快楽を十分に覚えていない女性にとってはさほど魅力はない道具かもしれない。でも、一旦、快楽を覚えた女性にとってはこれほどシンプルですごい道具はないかもしれないというくらい。

形状もよくできていて、これを普通に出し入れするだけで、うまい具合にGスポットを責めてくれる。長さも結構あるので、ポルチオ刺激にも使える。柔らかいので挿入せずともこれでクリを打ち付けるだけでも、相当な快感。つまり、あらゆるタイプの快楽をもたらすことが出来るんだ。

全体が細い形状なので、アナルで楽しまれる方も多いんじゃないかな。

ただ、その場合にはローションをたっぷりつけないと、ひっかかりの起きやすい素材なので、アナルでは痛みを感じる場合もあるかもしれない。膣でも、やはり濡れていないとひっかかりを感じるから、その場合にはやはりローションを。

我々の場合は、膣に挿入して出し入れしながら、本体にローターを当てたるという刺激も楽しいし、ローターを使わずとも、挿入した状態の「やわらかまんぼう」を指で軽くはじくだけでも、〝ゆえ〟はものすごい叫び声を上げて快楽にのたうちまわる。

また、〝ゆえ〟の手に持たせて「やわらかまんぼう」でのオナニーをさせるのは、出し入れする姿がとても刺激的でこちらもそそられるものがあるよ。

というわけで、プレイの前にお風呂に入る我々、必ず湯船や洗面器などに「やわらかまんぼう」を入れて人肌にあたためておくのが習慣。そう、やわらかまんぼうは温めて使うとその効果がベストだからね。この製品を知るきっかけになったマスタピさんのツイートにも書いてあったけど、温めると本当に快楽の感じ方が違うよ。スイッチが入りやすくなるという感じかな。

だから「やわらかまんぼう」を購入した人は絶対に温めて使ってみてね。

ついでに言えば、「やわらかまんぼう」は素材の特性上表面にホコリが付着しやすいので、それを洗い落とす意味でもお湯につけるのは正解。

そんなわけで、すっかりと魅せられた我々。このシンプルな道具を使い続けているよ。