調教の後、お酒を飲む楽しみはダブルで……

調教後、岩風呂の湯船に
浸かりながら乾杯!

少し前、バドワイザーを〝ゆえ〟と一緒に飲んだ話をしたよね(こちらの記事)。

調教の直後、快楽の余韻の中、緊張と疲れをほぐすのに湯船に浸かりながらビールを軽く飲む。そして、お風呂から上がって、身体を拭いて、食事と共にビールの続きやワインをいただく。

調教を一つ一つ振り返りながらのおしゃべりも楽しいし、愛奴の手作り弁当を食べるのも楽しい。また、話題も調教を離れてお互いの仕事や生活のことを話すのもまた、良いもの。

お酒が入ればなおさら、二人のホンネが飛び出て、楽しさも増す。

そう、調教直後の二人でお酒を飲むのは素敵な時間。

これも調教の一つの楽しみでもあるんだ。

でもね、その後、駅で別々になり、自宅に戻り、自分で簡単なツマミを用意して、さらに一人でお酒の続きを楽しむひととき……。これもまた「カクベツ」!

〝ゆえ〟の美しい身体を思い出し、また、喘ぎ声や叫び声を思い出す。

快楽責めで身体を突っ張らせて何度もイキ続け、痙攣を続ける姿。

猿轡から涎を垂らし続ける姿。

イラマチオに涙を流す姿。

鞭に泣き叫ぶ姿。

そして、意識が飛んで、視線が定まらなくなった表情。

一つ一つ、愛おしく思い出しては、ゆっくりとビールやワインを口にする。お酒が進めば進むほど、それぞれのシーンが色鮮やかに甦る。

いつの間にか、今までの自分の辿ってきた足跡を思い返してしまう。

それから、今後の〝ゆえ〟の調教のプランを立てる。

そう、調教後のお酒は2度、楽しめる。

一度しかない人生で、この年齢になってから、こんな至福の時があることに感謝。

時には檜風呂の温泉で……

もちろん、このブログを以前からご覧の皆さんはご存知のように〝ゆえ〟との関係も、これまで順風満帆というわけでもなく、数度の重大な危機を乗り越えなければならなかった。

そのときはいずれも本当に大変で、お互いに夜眠れないほど、そして食事が喉を通らずに数キロ痩せるほど、苦しんだ。

でも、いずれも最後には克服できた。

そうした経験、さらには若い頃や〝ゆえ〟と出会う前の苦しみや絶望感を抱いた数々の出来事を経て思う。

「色々あったけど、今があるからいいじゃないか……」

今生きている人生に感謝(だから今が苦しくて、満たされない方も、決してあきらめないで!こちらの記事にも書いたよね)。

そんな人生を与えてくれた〝ゆえ〟に感謝。

そして、素敵な場を作ってくれるお酒に感謝。

いつまでもお酒が楽しめるよう、健康でないとね!そして、お酒もほどほどにしないとね!!