ヘルメット姿の〝ゆえ〟を眺めて愉しむ~その1

2021年12月27日

なぜかヘルメット姿の女性に萌える〝Y〟だよ
ガスマスクとともに〝ゆえ〟に装着させたら
後ろ姿も格好いい!

SM愛好家にしてフェチでもある〝Y〟。それもそのフェチの範囲は広い。え?そんなものまで?というものも。

とはいえ、必ず同好の士はいるもの。

たとえばヘルメット。これについては以前も書いた。https://tokyobondagelife.com/0029-helmet/

うん。これ、立派なフェチ。実際イギリスの有名なサイト「fetisheyes https://fetisheyes.com/」でもヘルメットの写真やビデオが数多くある。

そのケのない人には怪訝に思われるだろうけど、女性がヘルメットをかぶっている姿に欲情する〝Y〟。これはまだ性に目覚めていないはずの子どもの頃から。

とはいえ、フェチには厳しい好みのスタンダードがある……なんちゃって、えらそーに……。(笑)

デザインはシンプルなもの。形はバイク用のもので、ジェットタイプ。スモールジェットがベスト。できれば単色。中でも黒と白が好み。前面のシールドはあってもなくても良い。

そうしたヘルメットをかぶせた女性を拘束した上で快楽責めをさせたい……。あるいはセックスで責め続けたい。

そんな夢を持ち続けてきた。

おそらくヘルメットというのは、かぶってみるとわかるけど、周囲の音が聞こえにくくなったり、あるいは、視界がやや狭くなったり、なによりも頭全体を重くカバー、言ってみれば、自由度が奪われる。そう、一種の拘束具のように目に映るからじゃないかなと思うんだ。

愛奴〝ゆえ〟とのつきあいは6年目。彼女を相手にそんなプレイをしたいと思っていて、最近になってようやく念願が叶ったよ。

その日はもう、朝から嬉しくて嬉しくて興奮状態。

少し前に書いたように仙骨に手を当てて
快楽に酔うヘルメット姿の〝ゆえ〟を
背後から眺めるのも楽しい

そして、いよいよプレイの開始。

まずは冒頭の写真のように革のボディスーツを着させてヘルメットをかぶせてみたら……。

やっぱりこの姿、シビレル……と、鼻血が出そうなくらいの興奮を覚えてしまう。ああ、子どもの頃からのフェチは、うん十年たっても、全く変わることないんだねぇ……。

さらにボールギャグを装着してみたりしてみると、これもまたそそられる。

さらに、ガスマスクや面体をとっかえひっかえ装着し、その上でヘルメットをかぶせてみる。

まるでファッションショーだね!

うん、これこれ!やっぱりイイね!

その姿に陶酔し、しばらく見入ってしまう。

あ、責めを忘れていた!

ということで、ベッドの上で両手足を拘束し、クリトリス責めからはじめたよ。

そこからのプレイはもう興奮状態が連続し、さすがに、終わった後は全身、脱力してしまったほど!この日の感激、忘れられないね。

でも、そうなると次の夢が現れてきた……。続きは次回(こちらの記事)に!