〝ゆえ〟の小窓~40 ご主人様と写真


こうしてツーショットを撮ることもあるよ

そういえば昨日はゴムの日だったね!

〝ゆえ〟のモノローグ、今回は以前の小窓(こちらの記事)でも触れた「写真」について!

***************

以前、写真についての小窓を書かせて頂きました。
今回も写真について、少し違う角度から書いてみたいと思います。

ご主人様は、ごくたまにゆえとのツーショット写真を撮られることがあります。

それは、ゆえが珍しくおしゃれをした時の日常だったり、
全頭マスク等のボンデージが、シワなくキレイに装着出来た時だったり。

ゆえは気恥ずかしい思いから、もじもじしてしまい、
ご主人様から
「はい!しっかり目を開けて、ニコッとしてレンズを見て!」
と何度も指導が入ります。

うぅ。
シャッターのパチリという音と共に、目を瞑ってしまう事が多くて、
ご主人様には「鈍臭いなぁ」とよく笑われます。

ご調教中の写真は、カメラに向かってニコッとすることはまず無いのです。
それに、笑顔ってかなり難しいのですぅ。

それでも最近は、ようやく顔全体が微笑んでるといった表情が、出来るようになってきました。
ご主人様に対しての過渡な緊張が、少しずつ解けてきているのだと思います。


こうした写真も見方を変えれば
ツーショットかな!?

さて、ご主人様です。
ご主人様はいつも、撮り直し無しの1発OKなのです。
きっと、鏡の前で特訓なさっているに違いありません。

奴隷の前では完璧でありたい、、
そんなナルシストな面もお持ちなのです。
きっと。

あら……言い過ぎました。
あわわ。申し訳ありません。

おしまい

***************

ふふふ。「言い過ぎ」と自分で感じたのなら罰を与えよう!

開口具や鼻吊りをしたまま1時間、笑顔を続けさせる罰もいいなぁ……。そして、それを俺とのツーショットで撮影しようかな!隣で俺がピースサインでもしてあげよう。(^_^)v

ちなみに、ツーショットにはこちらの
カメラが便利!〝Y〟も使用している。