〝ゆえ〟の小窓~14 写真のこと

2021年9月12日


こうした1枚ができるのも
一度に大量の写真を撮影しているから

我が愛奴が日頃思っている事を書く「〝ゆえ〟の小窓」、今回は写真について。

*****************************

ブログを読んでくださる方の中には、掲載している写真を楽しみにしてくださる方もいらっしゃるみたいで……。
〝ゆえ〟は写真が載る度に、恥ずかしいのと嬉しいのと…心は大忙しです。

〝ゆえ〟の調教記録の初期は、記事に対して写真が2~3枚掲載と多いこともありました。

そう、ご主人様の【写真載せるの楽しいな】現象が起こっていました。

写真が沢山の時は、
「文章の合間にも写真?!恥ずかしい…」
となり、アップ直後は直視出来ないです。
サーっと見るを繰り返してから、ようやく記事の内容が頭に入ってきます。

最近は落ち着きを取り戻してくださり、記事につき1枚です。

そうなると、ご調教時の撮影も最近は少ないのかな?と思いますよね。

……いいえ。

ご主人様の【写真撮るの楽しいな】というお気持ちは、初めてお会いした時から現在に至るまで一貫しております。

毎回、何十枚と膨大な枚数を撮られています。

不思議に思うのは、ご主人様のカメラは何故か、シャッター音がしないのです。

あれ?ローターや電マの音でかき消されているのかしら……それとも、〝ゆえ〟が機械オンチ過ぎるのかしら……。
ま、〝ゆえ〟のぼやきはおいといて。

何より、〝ゆえ〟は目隠しをしていることが多いので、いつご主人様がカメラを向けたのか、わからないのです。

時折、ご主人様が撮り溜めた画像を見せてくださいます。

が、、、
えっ……こんなに沢山あるの…

恥ずかしいを通り越して、卒倒しそうになります。

画面から目を反らすと、ご主人様からきつくお叱りを受けるので、〝ゆえ〟にとっては、自分の調教姿を見返す時間は羞恥責めなのです。
自分の姿なのに見続けていると、おまんこはいつの間にか、ぐっしょりしているのです……ご主人様、、指摘なさらないでください。恥ずかしいです。

おしまい

*****************************

そう、1回のプレイで時に数百枚近く写真を撮る〝Y〟。

考えてみれば、良い時代になったね。

昔なら高価なフィルムのことを考えて、こんなに沢山の写真をとることはプロのカメラマンにしかできなかったものね。

そうそう、〝ゆえ〟、デジカメはね、スマホのカメラと違い、シャッター音を出さないこともできるのだよ!(^^)