お出かけでボンデージ&ラバープレイ

2021年9月4日


こうしてラバースーツを並べて置いたり
眺めたりするのも
自宅ではなかなか出来ない事
このブログをごらんの皆さんはおわかりのように、〝なみ〟と〝Y〟は夫婦。夫婦でボンデージプレイをしているんだ。

これって、結構珍しいらしいんだ。結婚して家庭を持つと普通は夫婦でボンデージなんて出来なくなるみたい。

ま、結婚の時の条件の一つがボンデージだったからということもある(と言うと何だかビジネスライクだけど、以前ここに書いたように不思議な関係で一緒になった二人なんだ)。

普段のセックスでも革の拘束具を〝なみ〟に付けさせたりはしているけれど、さすがに自宅ではなかなか本格的なプレイってできない。それは皆さんも同じだよね。

で、年に数度はホテルに泊まってプレイ…ということになるんだ。これをもう10年以上は続けている。

やっぱりワクワクするよね。数日前からはもう本当にあれをしよう、これをしよう…と考える日々。仕事で多少大変でも乗り切れるという気持ちになるよ。

ラブホテルも最初は使ったけれど真面目でお堅い性格の〝なみ〟はラブホに入るのがちょっと嬉しくなさそうだった。それと、ラブホは基本的に時間単位の滞在。1泊も出来るけれど、そうなると割高だし、禁煙ルームが少ないから、タバコを吸わない二人にとって居心地は良くない。

そうなると一般のシティホテルに泊まることになるんだ。それも1泊では寂しいから数泊ということも多いんだ。

ボンデージをするにはそれなりの設備が必要だけど、たとえばベッドや壁への拘束は、以前ここに書いたように便利な製品があるので、それを持ち込んで利用すれば問題なし。


こうして広いベッドに拘束もできるし!
となると、むしろ清潔で気持ちの良い寝具の揃った、ちょっとラグジュアリーなホテルで数泊してプレイというのは最高の環境。

女性は特にそうなんだろうけれど、プレイ以外におしゃれなホテルの滞在を楽しめるとなると嬉しいみたいだよね。しっかりしたホテルはプライバシーもちゃんと守れるので安心。それに加えて、ホテルという非日常性のおかげで、いつもよりずいぶん大胆になってくれる。普段自宅では絶対に見せてくれない自慰プレイなんてのも出来るし、そして、何と言っても広いベッドは様々な体位でのセックスにはうってつけ。

自宅ではなんだか時間的には余裕がなくて、セックスなんて1時間も掛ければゆっくりとした方だけど(〝なみ〟は本来淡泊な女性なんだ)、ホテルに滞在しているときは2~3時間かけても〝なみ〟は文句を言わないし…。

それと、ラバープレーなどは結構、寝具が汗で汚れたりするからシーツを毎日取り替えてくれるホテルはちょうどいいよね。ラバーを着込んでのプレイということになると絶対にホテルが便利なんだ。ただ、ホテルへの気遣いも必要。こうしたプレーをした後は、後片付けをきちんとしようね。ホテルに迷惑をかけて二度と泊まれなくなるとマズイから…。チェックアウト時には「来たときよりも美しく…」が〝なみ〟&〝Y〟のモットー(笑)。いや、冗談抜きで、ホテル側に喜んでもらえるようなお客さんになって覚えてもらうと、後々、いろんな面でトクをすることになるから…。


全身ラバー&ガスマスク着用で
バイブオナニーまで見せてくれる大胆な〝なみ〟
というわけで、良いことだらけだよね。

ただ、さすがにお金は数万円単位で飛んでいくから、普段の生活でどう捻出するか…。締まり屋の〝なみ〟はホテル代だけは生活費から出すことを拒否するので、〝Y〟は少ないお小遣いをどう貯めるかが苦労…。ときには昼食代を削りながら…。華麗なプレイの裏には血のにじむような耐乏生活があったりして…(笑)。

あと、ホテルも競争で、曜日を選べば格安に高級ホテルに泊まることができたり、あるいは会員登録などをするとチェックインの時間を早くしてくれたり、アップグレードがあったり…、工夫次第でかなりオトクに泊まる事も可能だよ。

我々が特殊な夫婦なのかもしれないけれど、もしも、これを読んでいる人で、夫婦でボンデージなんて出来ない…と思っているのなら、ぜひ、一度、贅沢なホテルなどに泊まってチャレンジしてみては?意外と盛り上がるかもしれないよ。


すっかり獣になった二人…
ホテルならでは