革具の話06 PVCボディースーツ

2021年9月4日


アルファインでの〝なみ〟

タイトルに矛盾あり…と言わないでね。革具の話と書いたのにPVCは革じゃないでしょ…、って、言われればその通り。でもね、拘束具という位置づけであれば、…というわけで書いちゃうね。

だって、女性を拘束して責めたいというSにとっても、女王様に責められたいというMにとっても、どちらにも魅力的に映るのは間違いないエナメル生地。これはSMに携わるかぎり、誰もが関わるグッズだと思うんだな。

PVCという素材そのものがまず大きな魅力だよね。特に黒と赤が主流だけれど、その輝きはメタリックで、近未来的。

基本的にSMの世界で用いるボディースーツって、素材は三種類。

革、ラバー、PVC。もちろん、このほかにストッキング生地があったり、いろんな素材はあるけれど、この3種類は料理でいえば、洋食、中華、和食の三大カテゴリーみたいなもの。って、勝手な解釈だけど。(笑)

動物的な荒々しさと優美さで女体を拘束し陵辱するのが革だとすれば、人間を人工的&工業的なアンドロイド化をしてしまうのがPVC。そして、その中間がラバー。という見方もあるよね。確かに、革は自然に存在するものそのものだし、PVCは工業的に生産されるもの。そして、ラバーはゴムの木から取れる自然の材料を工業化したもの…という風に考えれば、それぞれの素材が持つ魅力が見事に表現んされているような気はするよね。もっともラバーの場合、キャットスーツであれば、さらにアンドロイド化が進む感じもするけれど。

で、今回扱うのはPVC。

PVCの魅力はなんといっても、その手軽さ。革製品などと違い、手入れはあまり考えなくてイイ。また、その輝きは、光沢剤を塗り込まなければならないラバーと違い、こちらも手入れ不要。なんて簡単なんだ!

それでいて、常に超ピカピカの輝きで全身を包んでくれる。

これがPVCの魅力。色も様々。

それをボディスーツにすると…。

女性の体型によって、印象は多少異なるけれど、間違いなくエナメルの光沢がより淫靡さを醸し出すよね。しかも、それは間違いなくシャープでかっこよいエロス。日本人の体型であっても、それが、まるで欧米のスパイ映画に出てくるようなキレの良さに変化。もちろん、それをS女性がつけると、冷たい、鋭利なナイフのような切れ味の体に…。冷酷な女王様風。ところがM女性がつけると、これもまた、それまでお高くとまっていた女性がその立場を失って、陵辱されるというイメージにぴったり…。そんな想像をしながら責めると、これはハマる!

そう、PVCの魅力は、着用した女性が都会的なスマートさを醸し出すこと。着用した女性にはコンクリートむき出しの部屋やシンプルな洋室が似合うんだ。決して、畳の部屋や障子、ふすまの和室には似合わない。

責め具も、当然、縄ではなくて、革拘束などになるよね。ホントは拘束具もPVC素材であればさらにベターだけど強度の点でちょっと難しい。


こうして〝なみ〟の乳首を苛めたくなるよね

胸の開いたタイプのものであれば、乳首にクリップ式のローターをつけて責めたり、することもできる。

このPVCを見事に活かしたビデオといえば、以前からこのブログでも何度も取り上げているけれど、シネマジックに幾つか代表的な作品がある。中でも「背徳のラビリンス」は主演の君島愛の美しさもあって、良かったよね!また、ミラクルのシリーズでもダントツの人気だった朝倉恵利嬢の「Play Bondage 2」。バイブで責められてオーガズムに達する姿は印象的だった。


このビデオにはお世話になったなぁ…

さてさて、そんなビデオでも人気のPVCだけれど、これを実際のプレイで利用すると、これもまた素晴らしい体験。〝Y〟は〝なみ〟に着せてプレイをするときというのは、やっぱり革具と違い、スタイリッシュな感覚が際立つと思うんだ。だから、できるだけグローブ、ストッキング、ブーツとすべてがPVCになるように工夫している。その上で、猿轡が革だったりというのはあるけれど。そう、その方が多分、統一性が出てオシャレになるんだ。

また、中にはラバーと同様にキャットスーツ仕様のものも。


ガスマスクとの相性もグッド

ラバーとは違って、気軽に身につけることが出来るのが魅力。この雰囲気がいいんだなぁ。

ところで、PVCは一つ大きな欠点があるんだ。それは寿命。激しいプレイで使わなくても、自然と1~2年経つと、表面が細かく剥がれ落ち始めてしまう。これは残念。そう、PVC、一般的には1年くらいが寿命と思っておいたほうがいい。だからこそ、革やラバーに比べれば安価なんだけれど。

でもね、以前書いた通り、〝Y〟が愛用しているAffix paraparaさんの製品だけは別格。こちらのPVC素材はかなり寿命が長いんだ。実際、我々が使っているのは購入して3~4年たつものだけれど、まだ、表面はツヤツヤ。

というわけで、PVCも製品を選べば長く使えるんだ。

また、Affix paraparaさんはサイズの調整も可能なので、採寸して申し込むとさらに良いかもしれないね。これほど長く使えるPVCであれば、ぜひ、身体にぴったりしたサイズのものを手に入れたいよね。

ぜひ、皆さんも良い製品を捜して使ってみてね!