鼻吊り(鼻フック)の後、ノーズクリップで鼻をつまんで責める

2021年9月10日


鼻を吊られたり、つままれたり……
忙しい〝ゆえ〟

前回の記事(こちら)で、ノーズフックで責められる〝ゆえ〟の写真をご覧いただいたけど、実は〝ゆえ〟はもともと「鼻孔美人」。鼻孔の形が小さく、アーモンド型で美しい。鼻孔フェチである〝Y〟は本当に幸せ。

で、実はある時、〝ゆえ〟からヒミツを聞かされてしまった。

この鼻孔、〝ゆえ〟が自分でつくりあげた部分があると言うんだ。

子供の頃よりなぜか自分の鼻の形にコンプレックスを持っていた〝ゆえ〟。

洗濯ばさみで鼻をつまむ生活をしていたし、今もと時々しているんだって!!

だから、鼻孔が細く、美しくなったという話。

なんと、人間の体ってそんな風に変化するんだ。確かに、たとえば、肛門の拡張なんてすると、時間をかければ広がるよね。逆に閉めていけばどんどん締まるのか!あ、膣がそうだよね。トレーニングすれば締まる。

だから、鼻孔も狭くなる!

これは驚いた。

でも、前回書いたように鼻フックで鼻の穴をひどく広げてしまうと、鼻の穴は次第に大きくなるかもしれない。

それは〝Y〟的にはマズイぞ…。

そこで、鼻フックの責めを楽しんだ後に登場するのは逆のアイテム。

そう、ノーズクリップ!

強力なバネで鼻の穴を閉めて塞いでしまうもの。みなさんも見かけたことがあるでしょ。シンクロナイズドスイミングで。

あれ、通販を探せば簡単に手に入るんだ。

そこで、一つ購入。せっかくなので、ちゃんと鼻が締まるようにブランド品「Speedo ノーズクリップ」を…。

ということで、〝ゆえ〟にプレゼント。

「これからは洗濯ばさみのかわりにこれを使いなさい」と一言添えて。

〝ゆえ〟、とても喜んでくれた。


さっそく装着!

家に持ち帰らせる前に、まず〝ゆえ〟の鼻に取り付けてみたら、なんだか、凄く惹かれてしまった。前回のノーズフックと逆のものなのだけど、これはこれで加虐感に火がついて、〝Y〟のS心を刺激してしまう。

うーん、これはいいなぁ。これも立派なSMプレイになりそう。

ということで、そのまま、〝Y〟のものを含ませてご奉仕を…、と、あれ?〝ゆえ〟、これに関してはあっという間に音を上げてしまう。


これは辛い!

あっ、そりゃそうだ!!

鼻で息できないんだもん。フェラしたままでは窒息してしまうよ。

というわけで、時々、フェラを中断して、呼吸をさせながらのご奉仕となったけど、これもまた、虐げている感じが良いねぇ…と、まぁ、結局、「S男」はどんな道具でも、責める道具に変えてしまうんだね。(笑)