「シナプスヴォーグ」と「フェアリーミニ」を工夫してカップリングしてみたら…

2021年9月10日


診察台に乗せられた〝ゆえ〟を
快楽責めする愉しさ……
「シナプスヴォーグ」。電マのアタッチメント。

「性器と同化する」という謳い文句通り、強烈な刺激を性器に与える道具。

いや、性器だけではなく、もう腰全体が震える最強のアタッチメント。

何せ、膣の中、アナル、そしてクリトリスを一気に刺激するのだから。しかもクリの刺激は周囲も含め広範囲。アナル刺激が不要な人は、ハサミでアナル部分の突起を切り取ることも可能。

〝ゆえ〟も大好き!

でも、一つだけ残念なことが。

このアタッチメント、「スライブ」や「フェアリー」など、大型の電マ専用に作られているんだ。もっともそちらを使う人が多いので、そうなったわけだろうけど。

ところが、沢山の荷物を持ち運びするSM愛好家である我々。少しでも重量を軽くしたい!ということで、小型の電マ「フェアリーミニ」をいつも持ち運んで愛用している。

この「フェアリーミニ」、ヘッド部分が小さいので、「シナプスヴォーグ」には小さすぎてサイズが会わない。

じゃ、あきらめる?

いやいや、常に工夫と創意のSM愛好家。

「シナプスヴォーグ」の取り付け部分に何かしら工夫をすればきっと使えるはず。

そう、いわゆるカプラー(連結装置)だよね。

でも、ただでさえ、普段から荷物が多い〝Y〟と〝ゆえ〟。これ以上増やすのは…。

じゃ、もともとホテルにあるものを利用出来ない?

ん?

タオルを使ってみたら…?

ということで、アルファインでタオルの一部を「シナプスヴォーグ」の取り付け部の中に入れてみる。そして、「フェアリーミニ」を取り付けると…。

うーん、ちょっとスカスカかな?

あ、じゃ、タオルを折り曲げて厚くしてみたら…、と手軽に調整できるのがタオルの良いところ。

すると、見事ぴったりに!


セーラー服に全頭マスクの〝ゆえ〟、
「シナプスヴォーグ」でイキ続ける

そう、何事も創意工夫が大切…って、そんな偉そうな発見じゃなくて、実に単純なアイディアだけど。

でも、いいじゃない。実用的ならば!

診察台に拘束され、そして、アナル、ヴァギナ、クリと三カ所を「シナプスヴォーグ」+「電マの力」で責められる〝ゆえ〟。

ボールギャグ越しにもの凄い叫び声を上げて、あっという間にイッてしまう。その後は体が痙攣しっぱなし。20分ほど責めると、意識朦朧で、もはや「廃人」となった〝ゆえ〟。

「シナプスヴォーグ」を外し、診察台から下ろし、ベッドに体を乗せると、体の皮膚を触るだけでまだまだイキ続ける。

凄い事になっちゃった。

あらためて、「シナプスヴォーグ」の威力を実感。

「フェアリーミニ」だから、あるいは標準サイズの電マじゃないからとあきらめていたあなた、ちょっとした工夫で大丈夫だよ!

ぜひ、この、普段ではありえない「『超』悶絶」&「『超』絶頂」を奴隷に味わわせて、『廃人』にさせてあげてね。