大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~9 その他気づいたこと

2021年10月8日


お互いに夢見ていたプレイを
楽しむことができる

前回まで〝Y〟の実際の体験から、M女性と出会ってプレイをするまでの具体的な方法を書いてきた。ここで、今まで書き切れなかった事で、これからサイトを利用しようとするみなさんが知っておいた方が良いことをいくつかまとめておくね。

・メアドやLINEのIDは事前に知らせるべき?
これは悩むよね。一般的に大手出会い系サイトでは個人のメアドの交換などは禁止しているところが多い。ただ、実際に会うことになって、頻繁にやりとりするのにお金がかかると、やっぱり考えちゃうよね。〝Y〟の場合は会う直前くらいまでは個人のメアドは交換しないでいたよ。一つには、相手が本当に信頼出来る相手かどうかを見極めるのに時間がかかるから。それまではメアドを相手に渡すというのはちょっと怖い。それは相手も同じ事。だから、基本、会うことが決まってから、あるいは実際に会ってからの交換が安全だと思う。もちろんフリーメールのアドレスを複数持っていて出会い系専用に使うものを用意するのも、一つの方法だけどね。

・掲示板のメッセージは見出しに工夫を
掲示板のメッセージというのはものすごい数が投稿されている。その中から、見つけてもらうには、タイトルに工夫が必要。キャッチーな用語を使うとか。また、自分の嗜好がかなりニッチなモノであれば、逆にそれをタイトルに入れてみるとか。つまり、他との「差別化」が必要だということ。〝Y〟の場合、あるときに掲示板のメッセージに対する足跡が急増したことがあった。それはまさにそうした単語を意識的に入れた時だったよ。

・掲示板のメッセージはどのくらいの頻度で投稿する?
大抵の大手サイトでは1日に1回まで投稿が無料。すると1日に1回必ず投稿したほうがいい。そう、毎日。それもできれば、いくつかの時間帯を狙ってみるといいと思うよ。なにせ、投稿してもすぐに膨大な数のメッセージに埋もれてしまう。2~3日経つともう忘却のかなたになってしまうからね。OLさんを意識するのだったら昼休みの時間や夜遅い時間を狙ってみる。主婦層を意識するのであれば、朝の家事が一段落した時間とかね。そしてついた足跡は丹念にチェックして、プロフィールなどを見て気になったらGO!

・求める事が違うと、いくら頑張ってもだめ
これはやっぱり重要。自分は革拘束が好きで、相手は縄以外はNG…であれば、同じSMであってもかみ合わない。相手はパパ活で、自分は趣味で会ってくれる人を求めているのであってもやっぱりだめだよね。でも、男って、エッチができる!となると、ついついその辺は一時的に妥協してでも会ってみたいと思いがちなもの。でも、それでは長続きする関係には至れない。最初にそこはきちんと律しておくことが大切。そう。だから時には断る勇気も必要!

・「波」はある。だから落ち込まないで
何事にも「波」はあるし、大手出会い系サイトも。毎日1度、掲示板に定期的にメッセージをあげ、これも定期的にプロフ検索をかけて気になった女性にメールを送る。この作業を繰り返すのだけど、あるときは面白いように反応があり、あるときはまるで「え?全然反応がないじゃん!」という状態がしばらく続くことも。これは本当に不思議。さすがに1週間以上反応がないと落ち込むけど、これって、そういうものだと思うしかないみたい。最初は自分のやり方がまずいのかなぁ…などと思うけど、放っておいても数日後には、日に何人も反応があるようになったりして。だから、「波」はあるものだと思って気にしないようにね!

・何人くらいにメールを送れば出会えるの?
これも、上記の様に波がある。けれど、〝Y〟の経験でいえば、調子の良いときには50人くらいメールを送れば、そのうち10人くらいからは返信がある。でも、そこからメールのやりとりに発展するのは5~6人くらい。そしてその結果、1人には会えるかな……という実感。え?50人にメールを送って実際に会えるのが1人???そんなに……と驚いたあなた。でも、その結果、M女性に1人と会えるって(しかもサポなしで)、凄い確率じゃない?それまで全く知らなかった人とそういう風に出会えるのだから。〝Y〟はこれって、実にありがたいと思ってしまうよ。そしてそれを続けていけば、いつかは〝ゆえ〟のように一生のお付き合いとなるかもしれない唯一無二の女性に出会う事になり、大手出会い系サイトを無事に卒業…ということになるのだから。

・いつでも丁寧に
相手によってはとんでもない汚い言葉でメールを送ってくることもある。でも、そのときにも決して、こちらはキレないこと。実社会だって、常軌を逸した人って、必ずどんな集団にも1割くらいはいると言われているわけだから。〝Y〟の場合も、ひどい言葉を浴びせかけられたことがある。業者さんだった。ひどいなぁと思いながらも我慢したよ。あと、逆に相手が業者さんでいわゆる「打ち子」さんという女性のふりをしてメッセージを書く人だとわかっても、こちらから丁寧にお断りしていたら、ある日、思いもかけない返事が。途中で彼が打ち子さんだなぁとわかってきて、最後にお断りをしたあと、「お仕事、大変ですね」と一言、同情心から書いたら、なんと丁寧な返信があった。「優しい言葉をありがとうございます。この世界はホントに怖いですから、ぜひ気をつけてくださいね」と逆に親切なアドバイスをもらっちゃった。だから、丁寧な言葉で相手を気遣いながらコミュニケートするというは悪いことじゃない。でも、繰り返すけど、変な相手だと思ったら一目散に「逃げよう」ね。基本、関わらないことが一番だから。

・ユーモアも大切
自分のプロフィールや日記、しっかりと書くことが大切だけど、真面目一辺倒じゃ女性を惹きつけることは難しい。やっぱり読んで楽しくないと。というわけで、ユーモアの要素を加えるのはとても効果的だと思うよ。SMってなんとなく怖いイメージがあるじゃない。お相手してくれる相手が強面で真面目一辺倒だとなかなかとっつきにくいよね。でも、しっかりとSとしてのプレイをする人だけど、普段はユーモア溢れる人だったりすると、そのギャップも好ましいもの。きっと多くのM女性にとって、それは得点高いと思うよ。

・一部のサイトに関連した裏データベースは活用する意味がある?
これ、実は参考になる場合もあるけど、逆の場合も。実際に役に立つのは、この人は業者さんかなぁ…というような時や、この人はちょっと普通じゃないよねぇ…という時の確認としては意味がある。一方で、誹謗中傷も実際には多いので、本当は普通の人なのに、そう書かれないという場合もある。特に、その人が一般人であって、素敵な体験が出来る人だった場合、実際に会った人は、それは書かない事が多い。だって、自分だけでその人を独占したいと思う人が多いから。逆に他の人に会わせないようにするために、事実と異なるひどいことを書く場合も散見されるよ。だから、実は素敵な人こそ、ひどく書かれていることもあるということは知っておいた方がいいよ。一人や二人のクレームが書かれていても信用できないけど、とても多くクレームが書かれている人の場合のみ「あ、これは会わない方がいい人だな。確認がとれた!」という形で使うのがベストだね。

・一度断られても時間をおいて再度コンタクトすると良い場合も
メールのやりとりの結果、相手から断られること。それは無数にある。でも、この人は気になる、あるいは、自分と相性が合うはずなのに…、という直感がある場合があるよね。そのときには、しばらく、時間をおいてみるといいよ。数ヶ月、あるいは半年でもいい。そして再び連絡をとってみると、すんなりと会える場合がある。でも、そのためには、その記録を残しておくことを勧めるよ。そう、やりとりをして、「この人は今回はダメだったけど、猿轡と鞭が好きという部分が合いそうだったから半年後に再度連絡を取ろう!」というようなメモを取っておく。すると、実は本命となる人だったりすることもあるかも!〝Y〟の場合、最初にコンタクトを取って、全くだめだったけど、嗜好が会うために気になっていた人のメモは取っていた。その中には実際、半年後に連絡して、実際に会うことができた人がいたよ。

・サクラやCBさんはとにかく無視
少なくなったとは言え、大手でも一部のサイトにはサクラやポイント稼ぎのCB(Cash Backer)さんは存在する。アクセスした瞬間にぺたぺたと自分のプロフィールに足跡を残す場合。あるいは、掲示板やプロフィールでしきりと誘う方。短い言葉で何度も何度もメールのやりとりをするように仕向ける人。本当にこれは時間の無駄なので、無視をするしかないよ。でも、足跡やメールが届くたびに通知が来て一瞬、期待したりするから本当にやっかいだよねぇ…。最後の頃は通知が来ても相手が綺麗なプロフ写真付きだったり、やたら若い年齢だと、ああ、これはサクラや業者さんだなぁとわかって、確認もしないですむようになったけどね。

・SMを利用する悪い男もいる!
これ、女性向けのアドバイスなんだけど…。時々、SMに興味は無いのに、「自分はSだ」とウソをついてM女性を募集する男性がいるので注意してね。というのも、普通の募集ではなかなか女性が見つからないけど、SMで募集をかければ女性からの反応が良いからなんだそう。そういう男にあたると結局、無駄だし、後悔することになるので、女性はメールでしっかりと相手が本当にSM指向なのかを確かめることが大切。逆にいえば、男性もしっかりと自分のしたいことを「具体的」に語ることが大切。

・本当にサポなしで大丈夫なの?
大手出会いサイトをアダルト目的で使う方はデリヘル目的の方も多い。だから、サポ(ート)なし、つまり金銭の授受がなく出会ってセックスしたりSMプレイができたりということはほとんど不可能だと考えている人が多いみたい。でも、それは全く違うよ。本当にSMが好きな一般の人と出会えるのが出会い系サイト。だって、この〝Y〟がそれを証明しているから!前にも書いたように、一時期、一月に数名は新しい女性と出会ってSMプレイが出来たほど。それが大手出会い系サイトの魅力と醍醐味。本当にSMが好きで、ご主人様を探している女性に出会えるチャンス!

・コンドームは必ず使おう
これは絶対に!!!実際に出会った女性で、性器からの分泌物などから、おかしいなぁと思い「性病検査を受けてみたら?」とアドバイスした人が何人か。結果、見事にみなさん性病にかかっていた…。ということもあるので、想像以上に性病は広がっていると思った方がいい。ごくごく普通の人でも性病を持っているという認識は必要。特にクラミジアの感染は多い!
意外に思われるかもしれないけど、フェラチオだけでもクラミジア感染などの可能性が高いので、〝Y〟の場合はコンドームの使用を徹底していた。それでも、念のため性病検査は定期的に受けていた。〝ゆえ〟と出会っても最初のうちはもちろんフェラも含めてコンドームを使用。初めてコンドームを使わなくなったのは、二人で同時に郵送キットでの性病検査を受け、両方とも陰性が確認できてからだったよ。

・依存しないようにね
大手出会いサイト、使い方のコツがわかってくると本当に大勢の女性と出会える。そうなると、毎日かなりのメールが届いてくるし、それが楽しくて楽しくて仕方ない。すると、仕事の最中もメールが気になったりして、ついついスマホを見てしまいそうになる。でも、それで仕事をおろそかにしたらダメだよ。大手出会い系サイトは本当に依存してしまう「魔力」を持っているから、1日にサイト関連に使う時間を決めるなど、金融機関じゃないけど、「計画的なご利用を」!生活が破綻しないように気をつけてね。

長々と書いたけど、すべて自分自身の体験からのアドバイス。ぜひ活用してね。

<シリーズ全記事へのリンク>
・大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~1 はじめに
https://tokyobondagelife.com/0254-matching-01/
・大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~2 サイトを選ぶ
https://tokyobondagelife.com/0255-matching-02/
・大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~3 本物のM女性を探す
https://tokyobondagelife.com/0256-matching-03/
・大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~4 M女性を探す具体的な方法
https://tokyobondagelife.com/0257-matching-04/
・大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~5 プロフィールでの相手の見分け方
https://tokyobondagelife.com/0258-matching-05/
・大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~6 メールの書き方
https://tokyobondagelife.com/0259-matching-06/
・大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~7 メールに返信があったら
https://tokyobondagelife.com/0260-matching-07/
・大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~8 実際に会ったら
https://tokyobondagelife.com/0261-matching-08/
・大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~9 その他気づいたこと
https://tokyobondagelife.com/0262-matching-09/
・大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~10 まとめ
https://tokyobondagelife.com/0263-matching-10/
・大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~番外編 〝ゆえ〟とはどう出会ったのか~上
https://tokyobondagelife.com/0265-matching-11/
・大手出会い系サイトでパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~番外編 〝ゆえ〟とはどう出会ったのか~下
https://tokyobondagelife.com/0266-matching-12/