〝ゆえ〟の小窓~39 ご調教後のメール

こうしたプレイもその内容と感想を
書いて送ってくれる

当ブログの人気シリーズ。今回の奴隷のモノローグはご主人様と最初に交わした約束について。

********************

ご主人様と交わしたお約束の中に
【ご調教の後は、その日のうちに感想メールを必ず作成して送ること】があります。

初めてお会いした時(初回顔合わせ)から、ずっと破らずに…(たぶん)守っていると思います。

初期の頃は【ご調教の後に、感想をお送りすることまでがご調教】だと、頑なに考えていました。
なので、実際にご主人様とお会いしている時間の緊張感がとてつもなくて…。
緊張し過ぎて、イク事もままならない程でした。

初めて体験する事に、どんな風に奴隷が感じたり思ったりしたのか、、
ご主人様がかけてくださった言葉も、しっかり覚えて、記録を残さねばなるまい。
そんなふうに捉えていまして、脳細胞を総動員してご主人様へご報告するそれは、まるでお仕事で報告書を書くような感覚でした。

意識を失うまで果て続けた〝ゆえ〟

さて、メールを久し振りに読み返してみましたら、愕然としました。

初期のメールは、時系列にご調教して頂いた内容等を克明に記しているのです。
毎回、テストかしら?と思えるくらいに。

最近のお送りしているメールは、、、
はにゃ?
本日の内容全部書いたかにゃ?
まぁいいかにゃ〜ポチッとな。送信。。
くらい、語彙力の低下した脳内が叩き出す文章になっていました。

あわわ。ご主人様…本当に申し訳ありません。
文章力が退化してしまうと、この小窓の存続も危うくなってしまいますね…。

どうか…
最近の奴隷は程よい緊張感で、ご主人様のお側に居ることができているのかもしれない…というふうに、捉えてくださいまし。

おしまい

********************

確かに最近は、責めが「快楽責め」中心になったせいか、奴隷は途中で意識不明になることも!

でも、これはこれで毎回めっちゃ楽しい。

だから、〝ゆえ〟、報告のことはあまり気にせず、今後もしっかりと快楽に深く酔うように!😎