改造で素敵に甦った30年前の古いボールギャグ

2022年7月23日


甦ったボールギャグを口に嵌められた〝ゆえ〟

自分が手を加えた責め具だと、より愛おしい

前回、顔面拘束具の改造について書いたよね(こちらの記事)。

実はそのときに、もう一つの改造を行ったんだ。

ボールギャグ。

そう。〝Y〟が若い頃に買って、良く使っていた白のシンプルなボールギャグ。30年くらい使っている。いまだに現役で使える。これだから革製品って凄いなぁと思うよ。

ただ、革は丈夫でも、ブラスチックは次第に劣化していくもの。

そろそろ形がいびつになり始め、いつ口の中で崩壊してもおかしくない感じになってきた。そうなると危険。愛奴の口に傷を負わせたくないしね。

それと、ボール部分を通過する細い革はそれなりに傷んできてもいる。

じゃ、買い替えたら?ボールギャグは高価なものじゃないし。

いやいや、そもそもボールギャグを30種類くらい持っている〝Y〟。いっそのこともう処分しちゃったら?だって、今回のシンプルな白いボールギャグ、他にも持っているでしょ?

でもね、SMの世界にSDGsを持ち込むわけではないけれど、やっぱりモッタイナイじゃない?(いや、単に〝Y〟がケチなだけですってば!<笑>)

リングとその外側の太い革の部分は全然へたっていないのでまだまだ使えるし。

というわけでこちらも同時に修理することにしたんだ。


こうして古いボールを外す

顔面拘束具改良の記事で記した手順と同様。まず細い紐についているカシメを落とす。次に新しい平紐(牛平紐で幅8mm、厚さ2mmのものをcm)を17cm程度に切って新しく用意したボールに通す。そして両側を2.5cmずつ折り返してカシメ打ち。カシメはシルバーの両面カシメで幅が6mmで足が8mmの長さのもの。

これだけ!


黄色のボールに交換終了

作業時間は正味15分程度。材料費は前回の顔面拘束具のときに買った物があるので、実質今回はタダ!

一つ変えたのはボールの色。前回の改良で4色セットのホローボールを手に入れたのだけど、白、赤、青はすでにボールギャグとして持っている。だから、黄色にしたんだ。しかも、実は〝Y〟、ボールギャグの色で白、青と同様に黄色が好きだけど、このシンプルの形での黄色のプラスチックボールギャグでは持っていなかった!(スポンジのものはあったけどね)

だから、改造で、以前から欲しかった黄色を手にすることができたわけ。これは実はとても嬉しい作業だった。

さて、出来上がったボールギャグを〝ゆえ〟に見せる。

〝ゆえ〟、とても感心してくれた。

これ、ご主人様が改造されたんですか?まるでショップで売られている製品みたいです!

ま、簡単な作業だからねぇ……。でも褒められて嬉しい単純な〝Y〟。(笑)


黒の目隠しとのコントラストが素敵だし

赤い宇宙遊泳にも映える!

そして、そのボールギャグを装着された〝ゆえ〟。

うん。絵になるなぁ!

自分が改造した道具って、やっぱり愛着が湧くよね。しかもそれが愛奴の涎まみれになるのを見ると、ホントに嬉しくて格別な想いを抱くよ。

革拘束具好きのみなさんで改造を試したことの無い方、ぜひ!