お気に入りビデオ~001 In Your Room 岡崎美女 (2002年)office T-LIVE

2021年9月4日

〝Y〟は1980年代から猿轡や革拘束、ラバー、PVCを中心としたボンデージに関するビデオが大好きで、ずいぶんな数のビデオを見てきたんだ。それは以前、「我がフェティシズムの軌跡」で書いた通り。

おそらく同じような道を辿ってきた同志は多いと思うんだ。

というわけで、これから時折、懐かしいものが中心になるけれど〝Y〟が気に入ったビデオの想い出と、どんな点に惹かれたのかをこのブログに書いていくことにするね。皆さんも懐かしんでくれれば嬉しいし、比較的新しいビデオの場合には購入の参考にしてもらえるといいな。このブログをご覧になってくださっているYさんが提案してくださったんだ。Yさん、ありがとう。

で、今回はタイトルのビデオ。「In Your Room 岡崎美女」(2002年)発売はoffice T-LIVEから。この岡崎美女さん、目鼻立ちがはっきりした大変な美女。ファンも多かったはず。いわゆる「AVクイーン」だよね。人気ビデオもたくさん!

で、彼女のあまたあるビデオのうち、このビデオを選んだ理由は…ボールギャグ。

ボールギャグってご存じのように、SMの基本アイテムだよね。プラスチックの練習用ゴルフボールに革の紐を通したもの。沢山穴が開いているから猿轡をされても呼吸はできるし声は出る。つまり、本来の声を出させないという猿轡の目的はちゃんと達せない。でも、二つの強烈な拘束感が。

1 言葉を喋っても舌の動きが制限されるので、言葉にならない。

2 ヨダレが次々と口の外に垂れてしまい、自分でコントロールがきかない。

というわけ。

で、愛好家の多い、ボールギャグ、その専門のサイトもあるくらい。以前ご紹介した中野英児さんの掲示板もそう(右のリンク集にサイトへのリンクがあるよ)。

その中野さんも書いていたけれど、ボールギャグを使ったビデオで最も嬉しいのは次の3つが揃っていること。

1 ボールギャグを口に嵌めるシーン。

2 ボールギャグからヨダレが流れ落ちるシーン。

3 ボールギャグを口からはずすシーン。

この3つがそろったビデオって実はとても少ないんだ。逆に言えば、その3つが揃っているビデオと言うことは監督がボールギャグ好きで相当にこだわって作っているということ。まさに我々ボールギャグファンにはお宝。


これが嵌めるシーン
というわけで、その3点がそろったビデオということでこのビデオは秀逸。また In Your Roomというシリーズそのものもボールギャグを多用していて、いいシリーズだったように記憶している。〝Y〟が女優さんの名前を覚えているのはこの岡崎美女さんと、小野里蘭さんのもの。小野さんのも彼女のかわいらしい魅力満載でよかったよ。

岡崎さんは誰が何と言っても美女。だって名前になっているくらいだから(みおと読むけどね)。

その美女がボールギャグをされるというのは本当に視ている側にとっては嬉しい。このビデオでは彼女がベッドの上で赤い下着姿で男優さんにまずボールギャグを填められる。その時、彼女の口を開けて待っている姿がまずそそられてしまう。ボールギャグって嫌がる女優さんが多いんだけれど、彼女の表情はこれから填められるのを楽しみにしている風でもあり、これだけでもポイントが高いんだ。


ほら、隙間無く、しっかりと口に
嵌っているでしょ
そして見事填められるんだけれど、彼女の口、これが素晴らしい!大きすぎず小さすぎず、ほどよい大きさの唇なので、ボールギャグがまさにぴったりと「嵌」るんだ。ボールギャグを咥えても歯が見えたり、あるいは口が大きすぎて隙間ができていたりするとちょっと興ざめ。その点、彼女は実にボールギャグ向きの口なんだなぁ。

そして、やがて裸にされ、局部を弄ばされる。四つん這いにさせられると口からはヨダレが。

そして、ボールギャグを咥えたまま、オレンジのローターで責められる。

やがて、猿轡をはずされて、その猿轡が大写しになると当然ヨダレまみれ…。

うーん、これがいいんだなぁ…。岡崎さんの表情も、本当に。


しっかりと涎も垂れてくる
ただし、ボールギャグは突起のあるディンプル仕様。これが残念という人もいるはず。本当は〝Y〟もそうで、ボールギャグはツルツルの光沢の方が、唾液の「てかり」が強調されていいのだけれど…でも、このビデオでは岡崎さんの咥えっぷりの見事さ、そして、填め&はずしと三拍子そろっていることで、〝Y〟的には二重丸のビデオ!

今では残念ながら販売されておらず、VHSの中古が手に入るのみのようだけれど、どこかで見かけたら手に入れて損はないビデオだと思うよ。彼女の明るいキャラも楽しめるし…。