愉しい責め具、Urine Inhaler(ユーリン・インヘイラー)

2021年9月6日


SMチェアに拘束された〝ゆえ〟
マスクから伸びたホースは手前のボトルに。
これがUrine Inhaler

Urine Inhaler(ユーリン・インヘイラー)って道具を知っている?知っている人は相当なマニア。

日本ではなかなか手に入らない責め具なんだ。

見た目はめちゃくちゃシンプル。

普通のプラスチックボトルにチューブが1本差し込んであるだけ。自作したら、簡単にできちゃうよ。ホームセンターに行けば材料はそろうし、使用済みのペットボトルを使えばもの凄く安上がり!

でも、これがヨーロッパのSMでは結構な頻度で出てくる。特にラバー系の責めのAVに多いみたいだね。

数年前、〝Y〟はドイツのメーカーで購入したよ。

どう使うのかって?

これ、ガスマスクや呼吸器の面体などにつなぐんだ。

ガスマスクって、奴隷に装着させると、ただでさえ息苦しくなるよね。

そのガスマスクの空気取り込み口にこのボトルをゴムホースなどでつなぐんだ。

そして、このボトルを経由して、外に露出した細いチューブから空気を吸い込んで呼吸することになる。そのままであれば、なんの抵抗もなく息を吸えるから、責めにはならない。

ところが、このボトルに液体を入れてしまう。すると、チューブの外から取り込まれた空気は一旦液体に取り込まれそこからボコボコと気泡になった上で、ボトルからホースへ、そしてガスマスクへと移動。つまり、一旦空気を液体に通さなきゃいけないから、強く息を吸わなければ息ができないという仕組み。そして、液体の分量で、その負荷が変わってくる。

うん。呼吸責めの一種だよね。

〝ゆえ〟にもすでに何回か施している。彼女が息を吸い込む度に「ボコボコ…」という音がする。これをBGMにして、SMチェアなどに全身を拘束された彼女に電マなどで責めていくのは本当に愉しい!まるで手術室で人体実験をしているような雰囲気に!あるいは愛奴を快楽人形に改造人間(アンドロイド)化しているというような想像でもいいよね。

そして、リズミカルな呼吸が突然途絶えたら、それはオーガズムを迎えている証拠。場合によっては10秒近く、あるいはそれ以上、呼吸が止まるんだ。オーガズムはしばしば「小さな死」と例えられけど、それを実感するよ。相手のオーガズムの瞬間が「音」としてわかる…これは責めのタイミングを計るのにもとても便利!何度も何度もオーガズムを迎えることのできる女性の場合、その回数を数えながら責めをするのもまた愉しいんだ。

〝ゆえ〟とのプレイの場合、ガスマスクは彼女のつぶらな瞳の美しい顔立ちが良く見えるように、ガラス面の大きい消防士用の面体(マスク)を使っている。また、マスクと顔の間に隙間が出来ると、そこから余計な空気が入ってくるので、効果がそがれちゃう。そこで、潜水用のネオプレン(ラバー)フードなどで頭全体を覆ってからマスクを装着させているよ。

そうそう、一度、〝ゆえ〟がプレイの休憩中、シャンパンを口にしたことがあって、その直後の呼吸責め、酔いからか、恐怖感を感じ、あわててストップしたことがあった。こうした呼吸系の責めはデリケートな部分があるので、やはり、お酒などはやめた方がいいよ。パートナーには恐怖を感じさせないようにね。一般的に言っても、SMは「苦しみ」を与えても「恐怖」を与えてはいけないものだからね。


ね、いたってシンプルな道具
これなら自作も簡単にできそう

ところでこのボトル、Urine Inhalerって名前でしょ?文字通り訳せば「尿吸引器」。そう、本来は水ではなく尿を入れるものなんだ。

ご主人様の尿を入れておく。すると奴隷が息を吸おうとすると、空気は一旦尿を通して出てくるから、強烈に尿の匂いが混じるんだ。それがガスマスク内を満たして、奴隷はつねにその空気を吸わなければいけない。マスクを外したあともずっと鼻腔内にご主人様の尿の香りがずっと残っているだろうね。これは相当な責めになるよ。

〝ゆえ〟の場合、まだ尿を入れての責めには至っていない。でも、そろそろタイミング的には大丈夫かな…と踏んでいるんだけどね。

〝ゆえ〟、どう思う?そろそろ試してみようか?(^^;)