アルファイン304号室「楊貴妃」、チャイナドレスで本格的なムードを味わう

2021年9月8日


チャイナドレス姿で目隠しをされ、
両手を吊られる……

前回、記事に書いた304号室の「楊貴妃」(こちら)。この「楊貴妃」が空いていないかなぁ…と、実はこのところ、ずっと狙っていたんだ。

というのも、以前「西太后(こちら)」を使ったとき、〝ゆえ〟が一言、「チャイナドレスでお部屋を使うと、きっとステキですね」と言ったんだ。そして、アルファインはコスプレ用に衣類を有料で貸し出してくれるのだけど、ちゃんとその中に「チャイナドレス」がある。

というわけで、この日、フロントでこの「楊貴妃」が空室になっているのを見て心の中でガッツポーズの二人。

さっそくキーを受け取り、そして、コスプレの衣装をお願いする。エレベーター横にかかっているものから好きなのを選んでいいんだ。そこで品定め。チャイナドレスだけで4着ほどあり、選べる。サイズとデザインを見て最も〝ゆえ〟にあうものを〝ゆえ〟自身が選んでくれる。

〝ゆえ〟、少々驚いている。「ご主人様、チャイナドレスもそうですが、他の衣装も、本格的な作りの衣装が揃っています」

さすがアルファイン、この辺りも手を抜かないのだね。

そして部屋に。部屋の設備については前回ご紹介したとおり。

まず、一旦〝ゆえ〟を裸に。そして、「飛びっこ」を装着。その上で、黒革のパンティを履かせ、チャイナドレスを…。

チャイナドレスの魅力って、なんといっても、身体の線が綺麗に出ること。そう、ボディコンシャスなんだ。そして、衿にはカラーがあり、そのあたりは男性的な部分でもあり、性の一種の倒錯を感じさせる。宝塚の男装の麗人のような…。それでいて、足の部分にはスリットがあり、女性の色香を引き立たせる。

そう、チャイナドレスは非常に強い性の衝動を男性にもたらす衣装だと言えるんだ

その事を、身につけた〝ゆえ〟の姿を見て再認識してしまったよ。

さすがスリムな〝ゆえ〟、もの凄く似合う!しかも、〝ゆえ〟は首がやや長いので、それが、ドレスのカラーにとてもマッチするんだ。これはいいね!

〝ゆえ〟はチャイナドレス美人でもあったのか!

さて、そんな〝ゆえ〟、自分自身でも鏡を見て、楽しんでいるけれど、やがて、それを制止してプレイに…。

十字架に磔にし、まずはリモコンバイブで責めていく。スリットから覗く細く形の良い足。そこに鞭の連打。「ああ!ああ!」と悲鳴を上げている。さらに下半身をたくし上げ、再び鞭とスパンキングラケットで痛みを与え続ける。

そこで、口枷を。これがまたチャイナドレスとも良いマッチングを見せてくれるのは意外だった。


両手を吊られ、鞭を浴びる〝ゆえ〟

さらに、天井のフックに手枷を取り付け、さらに鞭で責める。飛びっこには音声モードがあるので、鞭で〝ゆえ〟を打つたびに彼女の上げる叫び声をリモコンのマイクが拾い、さらに飛びっこは振動を増す。これは凄い責めだよねぇ。

そんなこんなですっかりと疲弊した〝ゆえ〟のいましめを解く。

床に座りこむ〝ゆえ〟。

そこで休ませはしないのが〝Y〟流。そのままご主人様にご奉仕。

着衣のままご主人様に力なくご奉仕する〝ゆえ〟。「力がはいっていないぞ!」と叱責し、再び鞭を打つ。

ご主人様のものを咥えたまま鞭打たれるチャイナドレスの〝ゆえ〟を鏡で見ているとたまらなくS心が満たされる。

いやぁ、これ、もの凄くいい!

正直言うと、中国風の部屋、当初はどう楽しめばいいのだろう…とやや不安に感じていた部分もあったよ。ところが、さすがアルファイン。レンタルのチャイナドレスで、これほど楽しめるとは!

みなさんも、中国風のお部屋を利用する際には、ぜひレンタルでチャイナドレスを!

ちなみにレンタル料金は1080円。それで本格的なドレスが!これはオトク。


この本にもアルファインが紹介されているよ!