人生って、捨てたものじゃない…。

2021年9月8日

〝ゆえ〟を奴隷にして3年目。

振り返ってみてしみじみ思うんだ。「人生って捨てたものじゃないなぁ…」って。

若い頃は色々な苦労をしたし、数年前には仕事で危機的な状況に置かれたりもした。身体もこわして死を意識させられたこともある。そんな自分がこうして、子供の頃から夢に見ていたような理想的なSM生活をM女性とともに、50代になってから送れるようになったのだから。

人生は頑張って生きたとしても80年くらいだろうし、もしかしたら、急に病を得たりして、もうすぐにでもこの世を去るかもしれない。50代というのはそんなことを意識するんだよね。あと何年生きられるかなぁ…って。仕事で多少キツいことがあっても、辛くなくなってくる。「頑張って仕事をするのも、あと数年しかできないし…」ってね。

だから、このブログを以前からご覧の皆さんはご存じのように、かつてのパートナー〝なみ〟からSM決別宣言を受けたあと、最初はショックだったけど、立ち直った。残された人生、楽しむしかないっ!てね。

そこで、前を向き、いちかばちか、「自分の理想のM女性を捜そう!」とSM追求の放浪の旅に出た。

そう。再び、大海原に出て色々な出会いを体験してみようって。大冒険だったんだ、自分としては。〝Y〟は社会的にみれば凄く真面目な人間だからね。周囲の人は誰一人、〝Y〟がSMをしている人間だなんて思っていないと思うよ。

そして、夢を叶えるきっかけになった一つには、このブログをごらんになっているYKさんの応援もあった。彼との出会いのきっかけは、このブログにコメントを送って下さり、そうしてメールのやり取りが始まったこと。そして彼が話してくれた自身のSM遍歴のなかに、新しい出会いのヒントがあった。こうしてみるとブログって、大切な出会いやきっかけをもたらしてくれるものでもあるんだ。YKさん、ありがとう。

時代の後押しもあった。今は「SMの相手を探しています!」とネットで公言すれば、お相手をしてくださる方がいらっしゃる。出会いがないとおっしゃる方も多いけど、実は手順を間違えない限り、出会いは無限にあるのが今の時代なんだって思うよ。

実際に、そうして何十人もの女性とプレイをしてみた結果、最終的に〝ゆえ〟と出会ったわけで、その間の体験もまた、自分の成長に大きな影響を与えたと思う。彼女たち一人一人、本当に心から感謝の気持ちは尽きない。ありがとう。

また、〝ゆえ〟を奴隷としてからも、その主従関係を通した様々な経験で二人はお互いに学び続けている。正直、関係が危機に瀕したことも。主従関係は奴隷もご主人様も、ともに成長していくための学びの場でもあるんだ。

でも、そもそも、なぜ〝Y〟は〝ゆえ〟を奴隷にしたのか、できたのか?

もちろん、まずはこんな「へなちょこ〝S〟」である〝Y〟をご主人様として選んでくれた〝ゆえ〟の寛大な心に感謝しなければいけない。本当にありがたいことだと思う。

その上で考えると、使い古した言い方かも知れないけど、「縁」という言葉が頭に浮かぶよ。

出会った瞬間に、待ち合わせの場所で〝ゆえ〟の姿を見た瞬間に、「あ、この女性が今までずっと探してきた相手だ」と、ピンときたから…。

そんな女性は他にいなかった。

〝Y〟の直感というのは、仕事でもそうだけど、不思議によく当たる。

そして、実際にその後、〝ゆえ〟が自分の奴隷となってくれて、〝Y〟のSM放浪の旅も終わり、今日に至るんだ。もっとも、あまりの〝Y〟のへなちょこぶりに〝ゆえ〟がいつ愛想をつかしてしまい、関係が終わってもおかしくないのだけどね。(^^;)

とはいえ、まさかこの年齢で、こんな出会いがあるとは!

だから、もし、自分の夢がかなわないからって、SMの相手がいないからって、絶望している人は、決して諦めないでね。「縁」も、自分が動かない限り目の前には現れない。そして、ここに良い実例があるのだから。(^^)

「人生、捨てたものじゃない!」

まず、一歩踏み出してみようよ。人生は自分の夢を叶えるためにあるのだからね。

というわけで、大晦日の今日、新年が皆さんにとって良い年になりますように…、という願いを込めて、この文章を書いたよ。

みなさん、楽しいお正月を!そして新たな年に素敵なSMライフを!!