バストが小さくても、コンプレックスを抱く必要はないよ!

2021年10月2日

〝ゆえ〟の身体はスリムで胸もさほど 大きくはない。でも…、
今日は女性に向けてのお話。 胸の大きさが気になる人は多いよね。豊満な人はラッキー!という感じで男性の視線が釘付けになる。確かに豊かな乳房は男性へのセックスアピールとしては大きな要素であるのは間違いないよね。AVなどでも巨乳というのは、ウリになる。整形手術で豊胸する人も多い。 じゃ、胸の大きくない人、たとえば、微乳と呼ばれる人って、アンラッキーってこと? いや、そんなことはないよ。 だって、自分は気にならないもの。いや…、むしろ逆だな。 実は若い頃から胸の大きくない人が大好きだった。 有名な画家に「高塚省吾(1930-2007)」という人がいる。この人は美人画で良く知られている。その彼が多くの絵を残したモデルさん、代表的な方が数名いらっしゃるけど、中でも、この絵に描かれた方は一番多く知られているんじゃないかな。
この美人画、見かけたことの ある人もいるよね。 高塚省吾の「イヤリング」。
そう、胸の大きさはさほど大きくない。そして、全体にとてもスリム。清楚な日本女性というイメージにぴったりだよね。 このモデルさんの体型が実はとびきり大好きな〝Y〟。こうした体つきを見ると、昔から、すごく性欲が高まるんだ。つまり、バストサイズが小さい女性にセックスアピールを強く感じる! さらに言えば、こうした体型の方はたいてい鼻孔も細い。これも〝Y〟の嗜好にドンピシャ! だから、〝ゆえ〟と出会ったときには本当に感激したよ。ここまで自分の理想の女性を奴隷にできたのだから。 こうした嗜好って本当に不思議だね。これはどうしてかという理屈では説明できないもの。 それからね、若い10代や20代前半の頃って、性的にまだ初心者。深い性の魅力をまだ知らない事もあり、むやみに胸の大きさが魅力的に映ったりするという傾向がある。 でも、次第に性の喜びを深く知ってくると、自分にとっての、女性の性的魅力がピンポイントで分かってくる。 たとえば、〝Y〟の場合はそれが前述のように鼻孔の形だったりする。女性にとっては思いもよらないことかもしれないね。でも、そういうものなんだ。女性のうなじの線の美しさに激しく惹かれるという人もいるし、背中のラインが好きだという人も。だから、必ずしも男性は大きなバストが好きというわけではないんだよ。 というわけで、もし、貴女がご自身のバストサイズにコンプレックス持っているのであれば、それは全く必要ないということをぜひ伝えたいと思って、この記事を書いたんだ。