〝ゆえ〟の小窓~13 密かな楽しみ

2021年9月12日


ラバープレイとお風呂の相性は良いよね
でも、温度には気をつけようね!
長時間浸かっているとフラフラに……(^^;)

ご主人様は奴隷に対して厳かで絶対的に振る舞う…そんな印象を持つ方も多いかもしれないけど、所詮は一人の人間。弱みもある。それを見つけてしまった〝ゆえ〟だよ。〝ゆえ〟のモノローグ、今回はそんな話。

*********************

これは、奴隷らしくない一面の内容です。
ご主人様には既に公然となってしまい、小突かれています。

最近、ご主人様がお風呂を用意してくださいます。
奴隷と一緒に湯船に浸かる事を、楽しんでくださっているご様子です。

ちなみにご主人様は、「楽しいな」とお感じになると、繰り返して続けるのがお好きなタイプです。
湯船に浸かるのも、その一環かもしれません。

さて、お風呂。
皆様にも快適な温度ってありますよね。

〝ゆえ〟は42度以下のお風呂はぬるいと感じる、不健康な熱い風呂短時間型です。

反してご主人様は39~40度位でゆったり入られるタイプ。

最初に戻って、ご主人様がご準備されるお風呂と言うことは「ぬるめ」なはず…ですよね。

それが、何故か、ご主人様は間違って42度位と熱くしてしまうことが多くありまして。

ある時、ご主人様より先に〝ゆえ〟が、すいすいと湯船に浸かったことがありました。
ご主人様も後からすぐにポチャりと足を浸した途端、「あっっつぅ!!」と感じられたのを飲み込んで、
ブルブルしながら徐々にお身体を沈めていらっしゃると同時に、お顔が見たこともないくらいのしかめっ面。

もう、〝ゆえ〟は笑いが込み上げてしまって!!

笑ってはいけない状況で笑う背徳感と、ご主人様が苦手で奴隷が得意な事をみつけられた優越感が、声を出しての笑いに繋がってしまいました。

その後、いつもよりご主人様の鞭が多かったような……。

熱湯風呂を生放送で見ていた世代には、ご主人様のこの一連の行動は、本当に面白くて。

こんなことを書いていたら、、ほう、奴隷は水責めを受けたいと思っていると、、ご主人様、ち、ち、違うのです…。

ご主人様がお顔を歪められたところを初めて拝見した感動を、皆様にお伝えしたかったのですぅ。
ご主人様の出来事を晒してしまい、申し訳ありませんでした。

*************

ふふふ、次回のお仕置きが楽しみだねぇ。水責めではないので安心しなさい。電マで呼吸が何度も止まるようなイキ地獄を倍の時間味わわせてやろう!そう、倍返しだっ!