お気に入りビデオ~002 女教師縄地獄 麻吹淳子 (1981年)にっかつ

2021年9月4日

またですかぁ?という声が…聞こえてくるよね。ごめん。でも、やっぱりこのシリーズを始めたからには、〝Y〟にとっての原点であるこの作品をあげておかないと…というわけで今回も触れちゃうね。も~いいよ~!という人は飛ばしてちょうだい。

原作は団鬼六、脚本は三井優、そして監督は西村昭五郎。

日本SM映画の最高傑作の一つとの声もある作品だけど、まず何と行っても女優の素晴らしさ!麻吹淳子。谷ナオミに次ぐSMの女王。そのボディの素晴らしさは縄にもよし、そして革具にも良し。一方、麻吹を尊敬する生徒役の山地美貴。こちらは麻吹との対照的な体つきがまた麻吹と良いコンビネーションを作り出しているよね。一瞬だけ山地のボールギャグ姿が出てくるけれど、これもまた初々しい感じが良かった。

で、麻吹淳子。彼女の良さはボリュームのある体と対照的な気品のある顔立ち…。彼女の良さはこのアンバランスなのではないかと〝Y〟は思うんだ。だからこそナース役の作品でも、この女教師役でも、そのイメージから堕ちていく姿にぴたっとはまってしまう。

ストーリーそのものはよくある女教師の監禁もの。

ところがこの映画、麻吹さんが様々な道具で責められるシチュエーションが当時の日活ロマンポルノ作品ではかなり珍しかったように思うんだ。実際に映画で使用されたグッズをちょっと記憶から拾い出してみても、

・全顔枷
・首枷
・手枷
・ボールギャグ
・乳房枷
・革ショーツ(Wディルド付き)
・エネマシリンジ
・エネマバンド
・SMチェア
・十字架
・一本鞭
・檻
・ロウソク
・鎖

といった具合。

特に、革具の多用が印象的。白のボールギャグのついた全顔枷は、おそらくすでに革具のショップで販売していたのだろうけれど、映画に登場するのは珍しいことだったんじゃないかな。その後、シネマジックやアートのビデオに登場して一般的になってきたのはボンデージマニアにはご存じの通り。

とにかくこの作品で革のボンデージに目覚めたのが〝Y〟だった(こちらこちらの記事の通り)。

だから、自分のSM史にとっても記念碑的な作品なんだ。

映画の終盤、麻吹と山地が背中合わせに鎖で縛られ鞭打たれるシーンはもの凄く新鮮な衝撃だった。また、その直前、麻吹の大きな乳房を際立たせた同じ乳房枷を山地が身につけて登場するのだけれど、これはこれで少女のような美しさを醸し出していた。一つの革具が全く違うタイプの女体のそれぞれの美しさを演出する。革具の不思議な魅力を発見したシーンでもあったよ。

そしてレズの美しさに目覚めたのもこの映画。二人のキスシーンは何度見ても…当時若かった〝Y〟は鼻血がでそうなくらいに興奮したものだったね。

にっかつでこれだけ革具が活躍する映画って他にどんなのがあるんだろう?〝Y〟が敬愛するYKさんと以前この話になったとき、すぐに思い浮かんだのが「蘭光生 肉飼育(主演:小川美那子 1987年)」だった。でもYKさんが指摘していたのは、革具がかなりファッション的に用いられていて、本格的な責め具として用いられていないのが残念だったということ。確かにそう。

その点、この女教師縄地獄では、たとえば全顔枷を装着されること自体、かなり苦痛をともなう責めだし、同時に使っている首枷、実は〝Y〟も後日同じモノを購入したけれど、上下がトゲのようなデザインになっていて、実際に着けられた女性にはかなり痛みをもたらすものなんだ。その上でのSMチェアでの金属ディルド責め。

しっかりした革の手枷を着けられて天井からの鎖で吊された姿も意外とありそうでないシーン。

さらには一本鞭やロウ責め、浣腸、漏斗による強制的な食事なども。

そして、革製のショーツのような胴衣も、アナルとヴァギナの両方を責めることが出来るようになっていて、その責めに苦しむ姿もきちんと映画では表現している。そういう責めの部分がしっかりしていることも特筆すべき作品なんじゃないかな。

この作品、何度も再発売されていて現在も中古などで比較的簡単にDVDが手に入るのは嬉しいかぎり。革具に興味のある人はぜひ視てみてね!

革具を用いたBDについて、日本映画の世界ではもはや『古典的バイブル』とも言える作品だと〝Y〟は思うんだ。