ドア&ベッドハーネス、ドアストッパー ~ 便利な小道具

2021年9月4日


こうしてベッドに拘束すれば自由に遊べるね
SMプレイの基本は拘束。

とはいってもパターンは色々あるよね。単に後ろ手錠だけでも良いし、設備が整えば、天井からの吊りだったり、SMチェアだったり。でも、相手が快楽に安心して身をゆだねつつ責められる…ということになると、何と言ってもベッド。そして、ベッドの四隅に革の手枷足枷があればベスト。

手足を固定した上で、バイブなどで責めたり鞭を打ったり…。SMの楽しみと快楽が結びつき、M女性も100%身を任せてくれそうだよね。

でも、それってやっぱりSMホテルにいかないと無理。

普通にシティホテルや高級ホテルでSMプレイとなると…。

そこで登場するのが、この商品!とまるでテレビショッピングみたいな説明だね。

この丸まったベルト。「ドア&ベッドハーネス」という商品。実は広げるとほら、この通り!何カ所か留め金がくっついた頑丈なベルトになっていて、両端はバックル。そうなんだ。ベッド(名前通りドアでもいいけど)にぐるっとまわしてバックルを留めると…。

さらに留め金(プラスチックだけど)に手枷、足枷を付けると、ベッドがあっという間に拘束道具に。アメリカ製。さすがに合理的な国らしい発想だよね。ベルトの長さは結構余裕があって、細かく調整できるんだ。シングルベッドでもいいし、ダブルベッドでも十分余裕。

これに〝Y〟が日頃愛用している目白アールの手足枷を付ければ完璧!シティホテルでも自宅でもどこでもベッドさえあればSMベッドに早変わり。冒頭の写真がその状態での二人のラバープレイ。

アダルトショップの通販で2本セットを6千円前後で購入。これは便利な商品だよ。SM好きならば後悔しない商品だと思うな。もう5年以上使っているけど、丈夫で長持ち。(その後、コメントを頂いたのを機に調べてみたら、残念ながらこの製品の販売は終わったみたいだけれど、アマゾンなどで同様の商品が沢山出ているので、そちらをどうぞ!)

いや、ベッドよりもM女性の立ち姿を堪能したいという向きにはこちら。

こちらはドアストッパー。写真のパーツに手枷が付いて2個セット3~4千円程度で売られているものだけど、〝Y〟の場合は愛用の手枷に取り替えて使っている。これ、ドア上部の隙間などを利用して(だからレールがついている引き戸はダメ)、ベルトを通し、プラスチックの透明パイプでできたストッパーをドアの反対側に引っかけることで、手枷をまるで壁に取り付けたように使える便利グッズ。


美しい〝なみ〟を簡単に拘束できる幸せ…
SMホテルで十字架などを使うよね。あの代わりに使えるもので、とても便利。十字拘束の上で、電マなどをあてて強制的にオーガズムに導き、瞬間、膝が崩れ落ち、全身が手枷だけで吊られた状態になる。あの姿を見るのはS的には最高の一時、それを手軽に自宅などでも味わえるのは便利!

いつかは自宅にSM部屋を作りたいといのはSMファンなら気持ちは同じ。でも、実際には自宅って、友人や親戚が遊びにきたりするし、そういう部屋を作るのは難しいよね。それにそもそも日本の狭い住宅事情がそれを許さないし…。でも、こうした便利グッズがあると、ちょっとした工夫で、一時的に自室をSMルームに出来るわけで、ホント、ありがたいよね。

というわけで、今回はちょっと便利な小物の紹介、みなさんもぜひどうぞ!