プレイ前に二人で話し合うことはとても大切

2021年9月5日


こんなプレイも、相手がマスクが好きか、
猿轡が大丈夫か、乳首を挟んでも大丈夫か、
事前に聞いた上で初めてできること

先日、あるM女性さんと初めてお会いして、新宿のホテルでプレイをした後、まったりしながらいろんなおしゃべりをしていたんだ。

そのとき彼女がこう言ったんだ。

「出会った人が〝Y〟さんで良かった。」

ん?自慢めいている?

違うんだ。そうじゃなくて、このあとの彼女のセリフを続けるよ。

「〝Y〟さんはちゃんとした人だったから…。ヒドイ人っているんですよ。初対面なのに、会ってホテルの部屋に入ったら、無言でいきなりビンタしてはり倒そうとしたり、あるいは、首をしめようとしたり。抵抗しようとすると「オマエはMなんだから受け入れろ!」って。」

「うっそ~!」と思わず返事すると、本当にそういうことってあるんだって。

〝Y〟は驚いて目が点になっちゃった。

それって、SMじゃなくてただの「暴力」じゃん…。

いや、SMの世界だから、人によってはビンタが好きな人も、首締めが好きな人もいることは当然知ってるよ。でも、するとしても、相手にそういうプレイが好きかどうか聞いて、そうしてほしいと事前の話し合いがあった上で初めてとる行動だよね。

あるいは、しっかりとお互いの信頼関係が出来た上で、サプライズ的に、相手の体に傷つけないように細心の注意を払って取る行動。

でも、たとえば、ビンタというのは、打ち付ける角度を間違えると鼻から出血をともなうし、最悪、目を傷つけたり、鼓膜を損傷したりする。ちゃんと安全な角度というのがあるんだ。そういうのをSの側がマスターした上でないと、とてもじゃないけどできない。そういう技術を身につけていても、M女性が思わぬ動きをして、結果的に傷つけてしまうことだってありうる。だから、サプライズ的に…というのも危険。

SMプレイというのは双方が合意のもとで、納得ずくで行う行為だと思うよ。そうでなければ、「暴行」になってしまうから。

出会い系サイトや、〝Y〟のブログのような個人サイトでプレイ相手を見つける人って多いと思うけど、お願いだから、そのあたりは事前にメールのやりとりなどでしっかりとお互いの趣味を知り、打ち合わせをしてね。メールのやりとりで、少しでもおかしいなと感じたら会わないこと!その辺りの直感は大切に。

さらに当日会ってからも、初対面だったら、お部屋に入ったらまず最低でも30分くらいかけてじっくりと話し合って、お互いを理解してほしいなぁ。

〝Y〟はいつもそうしている。

まず相手の性格を知ること。そして、相手が望むプレイ、望まないプレイ、そして、相手のSMに対する考え方、こんなことをひとしきり尋ねて、頭にインプット。え?面倒?

そんなことはないよ。とっても面白い。だって相手の「SM史」という生々しい「人生」を知るんだから。お金を払って小説やビデオを見るよりはるかに興味深いんだ(もちろん、小説やビデオも、もの凄く勉強になるものもあるけどね!)。

それに、初対面だとお互いに相当緊張するもの。まずは緊張をほぐす意味でも対話は大切。

お互いに得意な分野や苦手な分野がわかると、より深く楽しめるはず。

プレイの終わった後に、「〝Y〟さんがお相手で本当に良かった!楽しかった!」って言って欲しいじゃない。

この言葉をお相手のM女性の口から聞かされると、「超」幸せになれる〝Y〟です。


〝Y〟オススメのSM入門書!