シンプルなボンデージベルトに驚く

2021年9月8日


たった4本の細いベルトで
全く身動きできなくなった〝ゆえ〟

ある日、ネットでSMのお道具を探そうと検索をしていたんだ。

すると、あるショップ(SM Queenさん)で、この商品が目に止まった。

「ボンデージベルト」と、名前もシンプル。値段は1,800円。

エナメルで光沢のある人工革のベルトなんだ。留め金がついている普通のベルト。

140cmと40cmが1本ずつ。そして85cmが2本。

それだけ。

パッケージのイラストを見ると、おそらく、短いモノは手首に。中くらいは足、そして長いものが胴となるのだね。

え?こんなシンプルなモノで拘束できるの?と意外な感じがする。

でも、超軽量。

〝Y〟、いつもプレイの時に大量の責め道具をホテルに持ち込むけど、その重さが結構あって、鞄の肩へのくい込みが痛いくらい。これを少しでも軽減できればなぁというのが、長期的な課題。

もし、この拘束具、実際に実用性が高いなら、凄く良いじゃない!軽量化に大貢献してくれそうだ。

ということで、ポチった数日後、〝ゆえ〟とのプレイで試してみる。


本当にこれだけ!

まずベッドの上に座らせる。

最初は一番短いベルトを手首に。

そして、今度は足。開脚させ、膝を曲げさせて、そこにベルトを。両脚で2本。

最後に胴体。腕も一緒に。

ほぉ!

これはこれでなかなか「様」になっているね。

〝ゆえ〟が驚いている。

ご主人様、これ、本当に身動きできません!

本当?試しに座った状態の〝ゆえ〟の肩をちょっと押してみる。

全く抵抗できずに、まるでダルマさんのように後ろに倒れ込む。

本当だ!

と、こんな簡単なグッズなのに、その効果は抜群!

再び身体を起こさせて、晒された秘所に、バイブをあてがう。

すぐに身体を痙攣させてよがり狂う〝ゆえ〟。

こんなシンプルな道具で完全拘束責めができるなんて!

もちろん、値段を考えれば、本格的な革のように長期にわたって遊べるだけの耐久性があるとは思えないけれど、とりあえず、拘束してみたい!という場合にはとっても良いチョイスではないかと思うよ。ベルトは細いので、奴隷の裸を鑑賞する妨げにならない。視覚的にも楽しめること請け合い。


SM Queenさんのサイトの商品説明