様々な進化をし続けるアルファイン

2021年9月10日

SMホテルとして人気の高い「アルファイン」さんがツイッター(こちら)を始めてしばらく経つ。あっという間に人気となったツイッター。フォロワーさんの数も早々と四桁に。

そして、そこには、様々な設備の改善情報が記されており、いかにアルファインが日々進化し続けているかがわかるんだ。

最近も、椅子やソファの入れ替えが進んでいるという話が出ていた。

椅子、これは〝Y〟も凄く嬉しい進化だった。

というのも、以前の椅子は、こちら。

通ってらっしゃる方は見覚えあるよね。そう、金属の編み目のようなデザインの椅子。写真の赤い色のものは、604号室「狂い十字架」に置いてあった。なかなかオシャレで、これはこれでいいんだ。

この椅子はSMチェアや十字架のそばに置いてあったから、おそらく、奴隷を責めているときにご主人様が座るべき椅子。

だから、〝Y〟もよく利用してた。

でもね、実はある場合にだけ困っていた。それはご主人様が裸で座る場合。

そう、金属の編み目模様が肌に食い込んで、長時間座ると、結構、痛いんだ。

しかも、立ち上がると、お尻全体に編み目の痕が!

これは奴隷の手前、ちょっと恥ずかしい…。

というわけで、その点のみ、困ったなぁ…という気持ちでいたら、なんと、今回、椅子の入れ替えで、座面がお尻にやさしいクッションつきに!

さっそく座ってみると、とても座り心地が良い。デザインもシンプル!しかも、有名ブランドの物らしいね。さすがこだわりのアルファイン。

足が黒のものと赤の物の2種類あるそうだけど、このお部屋には赤。これも、おそらくSMチェアの足が赤だから、揃えたんだろうね!このあたりのセンスもさすが。

網目模様の椅子だけでなく、折りたたみの椅子も、順次このタイプに置き換えが進んでいるらしいよ。

他にも、例えば、ボディソープのメーカーが変わっていたり、タオルの色やデザインが変わったり。そうそう「ベビードール」にのみ置いてある我々も大好きな「ピコピコハンマー」も新しいものに変わったとか!

というわけで、気付けばいろいろなところが進化しているアルファイン。これからも、その進化が楽しみだね。