天ノ介さんに依頼して、オールインワンを〝ゆえ〟にぴったりのサイズで作ってもらった

2021年9月10日


スレンダーな〝ゆえ〟にも良く似合う

オールインワン、以前にも書いたように、〝Y〟が溺愛していた商品。胸を絞り出すような独特なデザインで、ウェストも絞り込む。さらに、局部を露わに出来るし、そこにバイブを固定することもでき、とても機能的なデザインと格好良さ。それが大好きで、六本木のセビアンで購入して以来、20年以上使っていたけれど、数年前に2着目に作り替え。

そのとき、すでにセビアンさんは販売をしてなかった。そこで天ノ介さんに依頼してみたんだ。革製造&販売で日本を代表される方の一人。特に鞭など、天ノ介さんじゃないと駄目とおっしゃるプロの方も多い。そして、その仕上がりはやっぱり素晴らしかった。このブログでも、皆さんご覧になった通り。

さて、そのオールインワン、スリムな〝ゆえ〟にはあまり似合わないかなぁと思っていて、着せるチャンスはさほどなかった。ところが、このところ、胸が明らかに大きくなってきた〝ゆえ〟、もしかしたら…と思って或る日、着せてみたら…、うん。オールインワンそのもののサイズが大きすぎるけど、それを調整すれば似合う!

と、これはうれしい驚きだった。

そこで、すぐに採寸。そして、そのデータを持って行くことに。


引き戸の磨りガラスにシンプルなロゴが
おしゃれ~!!

数年ぶりに訪れた天ノ介さんの工房。西武線「東長崎」から、徒歩ですぐ。私鉄沿線の小さな住宅街という雰囲気の街に現れる、おしゃれでシンプルなデザインの引き戸をあけて店内に。とたんに、革の匂いが。おおぉぉぉ、この雰囲気、やっぱり素敵だなぁ。

物腰の柔らかい天ノ介さん(S男性は〝Y〟もそうだけど、実は物腰の柔らかい人が多い)、こちらの要望を聞いて、「じゃ、作りましょう!」と快諾。

2週間後、お店に伺うときには、久々にワクワク!

そして、テーブルの上に乗せられたオールインワン、新しい革の匂いで、一瞬にして陶酔感をおぼえてしまう。

これだから、革製品はいいんだなぁ…。自分のフェチさを改めて認識するね。

そして、手に取ってみると、実に丁寧な作り。「革も牛の背中の一番良い部分を使いました。今は前にお作りした製品より、革の厚さが目立つと思いますが、使っていくうちにしなってくると思いますよ」とのこと。

嬉しさに気分が舞い上がりながら受け取って、お店を後にしたよ。

さて、そこで、翌日、さっそく〝ゆえ〟とのプレイで、着せてみる。

うん。これこれ!しかも、胸の部分を見たら…。

あ、なるほど!胸の部分は開いた穴を今までのものよりも小さめにしてあり、その感覚も狭めてある!これでまた〝ゆえ〟のスリムな体にさらにぴったり感が生まれている!

天ノ介さん、帰りぎわに「ブログ、拝見しましたよ」とおっしゃっていたので、数字のデータだけでなく、ブログ写真の〝ゆえ〟を見て、その体型を考えて、このようにデザインしてくださったのだなぁと気づく。さすがぁ!


胸の部分が空いているので、こんな遊びも
U.F.O. SAで胸を責められる〝ゆえ〟

というわけで、今後のこのブログ、〝ゆえ〟のオールインワン姿も増えていくと思うので、どうぞお楽しみに!

ところで、〝ゆえ〟、このオールインワンのしっかりしたファスナーがすごく気に入ったらしく、まるで爪とぎのように、爪を何度もファスナーの表面で上下させていた。〝ゆえ〟、もしかしたら前世は猫だったのかもしれない…。(笑)