人生で最初に大好きになった革の責め具、「全顔枷」が〝ゆえ〟にも似合った!

2021年9月10日


〝ゆえ〟の顔を拘束する全顔枷

革の目隠しとボールギャグが一体となった「全顔枷」という製品を知ったのは日活ロマンポルノの一作「女教師縄地獄」。さらに、AVの時代となり「シスターL」や「愛奴恵・K」にも登場して、ますます好きになったのは、以前もこのブログに書いた通り。

口と目の両方を責めるというこの製品、目隠し部分を取り外すと、これもまた、馬具の「頭絡」のようで、拘束感が強く、魅力的。女性を家畜のように貶めるには絶好の道具。

どれだけそのシーンを繰り返し、繰り返し再生したかわからないよ。ワンカット、ワンシーンが長尺のインディーズが登場する前の時代。全顔枷が登場するのは、本当に数秒から数分程度のもの。そこをつなぎ合わせて、自分のオナニーのオカズに編集していたりしたくらい!

そして、自分がSMという行為をするようになると、当然購入したのだけど…、これが、意外と奴隷への装着が難しい。

まず使用されている革はかなり固め。そして、顔の形にピタッとなかなかうまく収まってくれないんだ。目隠しが浮き上がったり、鼻が隠れたり…。そうすると、拘束具としてはなかなかカッコ良く使えない。

ということで、次第に使わなくなっていったのだけど、或る日、サイズ直しをすればいいのかも!と思い立ち、〝ゆえ〟に装着して、どの程度、サイズを調整すればいいのかを計ろうとしてみた。


こうして目隠しを外した姿も拘束感が強く、刺激的

ところが…。

〝ゆえ〟、装着された全顔枷のベルトを自分でなにやら調整している。

あれ?

いつのまにかぴったり合っている!!

なんと、サイズ、OKじゃないか!!

しげしげと眺めてみてわかった。

なるほど。いままで頭の上を通すベルトの位置が良くなかったんだ!

他の顔枷と一緒で後頭部のベルトの調整だけを気にしていたのが、そもそも間違いの元だったのだと気づく。

うわぁ!これは嬉しい。

購入して何年にもなるのに、ほとんど使ってこなかった大好きな革具がこうして、初めて本来の魅力を出してきたのだから。

ぴったりに調整する方法をみつけてくれた〝ゆえ〟に感謝!

というわけで、それからは頻繁に使い始めた「全顔枷」。

現在も「アール目白店」さんや「天ノ介」さんが製造販売しているよ。興味ある方は、ぜひ!