〝ゆえ〟の小窓~2 二大【あ】言葉は使わない

2021年9月11日

奴隷〝ゆえ〟が綴る「〝ゆえ〟の小窓」の2回目は…、

主従関係を持っていらっしゃる人たちには意外なことかもしれないね。〝ゆえ〟が己の判断で自分に課していることについて…。(^^;)

********************

〝ゆえ〟はご主人様に対して「会いたいです」「愛してます」の2大【あ】言葉を言わない方針です。

でも、それって奴隷としてどうなの…? と、自問自答をよくします。

お会いしたい…なんて、ご調教の予定は立っているのに頻繁にメールに載せたら、めっちゃ【かまってちゃん】だし…。

愛してます…なんて簡単に使う人程、すぐ別の人に乗り換えたりするし(偏見でごめんなさい)…。

奴隷の普段の気持ちなんて、ご調教に関係ないと思うんだけどなぁ。
奴隷は穴なのだし。
そう、革具の映えるまんこ奴隷。
と、すぐにネガティブになってしまいます。

なんて、モヤモヤして曖昧に笑っていたら、ご主人様に「言いたいことがあるなら、キチンと伝えなさい!」と注意されました。

勇気を振り絞り、まずは「お会い出来ないのは寂しいです」を口に出してみたら、
「お、お、お会い…で、できなくなるのは…じゃなかった……出来ないのは、さ寂しいです……ぅ」
ゴニョゴニョになってしました…。
手汗半端ない。

自分の気持ちにキチンと向かい合えて、言葉で発信出来る方は素敵です。
そのうえ、可愛らしく伝えたり、スマートに「愛してます」を口に出来る人、、神!!

本当は羨ましいゆえなのです。

〝ゆえ〟

********************

と、まぁ、実に〝ゆえ〟らしい。

その〝ゆえ〟が二大【あ】言葉をゴニョゴニョでなく「はっきり」と口にできるのはいつの日かなぁ…。

とりあえずは別の言葉で言い換えをしてみたら…、ということにしている。

「ご主人様に会いたいです」は「ご主人様のことを想っています」に。そして「愛しています」は「お慕いしています」にね。(^^)