〝ゆえ〟の小窓~15 下着の好み

2021年9月12日


下着をつけたい?うん、今日はこれで十分!

〝ゆえ〟のモノローグ。今回は下着について。「奴隷ごときに下着なんて、不要だ!」と仰る方もいらっしゃると思うけど、まぁ、少しは大事なところを隠してもいいかなぁ…、いや、逆にそそられるぞ…という感じもあるし…。(^^)

****************************

皆様はどのような下着がお好みですか?
女性には白の下着を着て欲しい?
それとも妖艶なレース付きが良い?
色々あると思います。

〝ゆえ〟のご主人様は、言わずと知れたボンデージ&ラバー&革マニアの方。

そんなご主人様が好まれる下着は、一言で表すとシンプル。
それも超絶シンプルなものです。

まず色は黒か赤。
素材はスムーズな手触りのもの。
レースは絶対に無し。

ご、ご主人様~な、な、難題ですぅ…。

ご主人様から
「ブラジャーは譲っても(ていうか、ゆえはノーブラでも普通に生活出来てるよね?)パンティは限りなく布面積が小さいものね!」とご命令を受けて探しました。

色々と買い集めた結果、ご主人様にご満足頂けたパンティは、限りなく紐で水着みたいな素材のTバックでした。

一般的なお店で手に入るご主人様のお気に入りは、Sloggiのような商品です。

この紐のようなTバック、ご主人様のお気に入りポイントは、奴隷に穿かせた状態で、紐の部分を引っ張り、おまんこやお尻にパチンと打ち付けて楽しむことです。
素材によっては地味に痛い責めです。
特に、玉パンティと称されるTバックは、痛みが大きいです。

ブラジャーに関しては、なかなかご納得頂ける品に出会えず…。
それに、お会いする時はノーブラな事もあるのです。

ご主人様にとっては、ボンデージで各種コレクションしている乳房枷が、一番のブラジャーみたいです。

おしまい

****************************

確かに〝Y〟にとっては、革拘束具が下着というイメージなんだよね。セーラー服の下に着せるのも好きだし…、ね!で、一般的な下着となると、やっぱりスクール水着的なツルテカ素材が一番!そこ、どうしても好みだねぇ…。(^^)