〝ゆえ〟の小窓~22 ヒールの高さとS心

2021年9月12日


M女であっても〝ゆえ〟にピンヒールの
ニーハイブーツはよく似合う

愛奴〝ゆえ〟のモノローグ。今回はピンヒールのニーハイ(サイハイ)ブーツを着用した時の気持ちについて。

************************

【ヒールの高さもおしゃれの一部】と捉えるのは、〝ゆえ〟だけでは無いと思います。
小さい頃、玄関でこっそり、大人が持っているハイヒールを取り出しては、ブカブカなのに足を入れてドキドキした記憶……
カツカツと音を立てて歩く姿が、格好良く見えたり、靴全体のスタイリッシュなデザインに惚れ惚れしたり。

でも大人になり、高さが10cmを越えてくるヒールの靴を日常的に履くのは、かなりしんどい…という現実にぶち当たりました。

電車や車での移動中は、靴を脱いで足を伸ばしたくなります。
お行儀の悪い考えですね…。

〝ゆえ〟がハイヒールに慣れていない事を汲んでくださり、ご主人様からは【日常的にハイヒールを履け!】といったご命令はありません。

スニーカーを履いている時でさえ、何もないところで転んでしまう〝ゆえ〟は、ホッとしております。

さて、そんな〝ゆえ〟がピンヒールのブーツを履くことになりました。

ご主人様のコレクションで既にあったそうです。
伺うとウン十年前から持っていたそうで……あら?忘れていらしたのかしら?

失礼しました…

ご主人様は、〝ゆえ〟の足のサイズを考慮して控えていたそうです。
ま……そういうことにしましょう。
大きい場合は、あまり問題ないのですよ…多分。

早速履きますと、ご主人様よりも少しですが背が高くなりました。

見下ろす感じが何だかえらそう……にやり。

と、感じた〝ゆえ〟は調子に乗り、ご主人様の許可も得ず、ソファーに座って足を組んでみました。
それからニマニマしながら、『足枷をはめていないじゃない?着けてもらえるのかしら?』と、ご主人様に言ってみました。


ついつい調子に乗ってしまった〝ゆえ〟
この後きびしい罰が待っているのに…(^^)

勇気が出せたのは、ヒールが高いから。きっとそうです。

女王様を演じてみるのも楽いかも~と思ったとき、
奴隷の一連の行動をご覧になられていたご主人様の瞳孔が【カッ】と開きました。

あわわ。

〝ゆえ〟は背筋が冷たくなりましたが、ご主人様は、〝ゆえ〟のお遊びに乗ってくださいました。

なんと、〝ゆえ〟の組んで伸ばした足元に膝をついて、足枷を嵌めてくださいました。

カチャカチャと装着してくださるご主人様の手元を、じい~っと見つめていると、
もしかして、Sの方はこんな風にMを見ているのかも…
Mを愛おしいと感じるのは、案外、些細なところにも潜んでいるのかも。と感じました。

ご主人様に対してえらそうな態度をとった〝ゆえ〟は、、、
その後、みっちりぎっちり、逆さ釣りの責めを受けました。

おしまい。

************************

はい、その通り!!

小生意気な奴隷には罰が必要とばかり、その後しっかりと逆さ吊りで責めまくったご主人様。

楽しかったなぁ…。(^^)