アルファインのお部屋~401号室「奴隷市場」

2021年9月6日


赤が基調の独特のインテリア

ご存じのようにアルファインには全部で二十数室のそれぞれに異なった特徴のあるお部屋があるんだ。値段も様々。その中で、価格的に中クラスで満足いく部屋というとどこだろう?

まだ全室制覇はしていない〝Y〟だけど、いままで何度か使って非常に満足度の高い部屋というと、こちら、「401号室 (奴隷市場)」だよ。

この部屋、ビデオや雑誌などではあまり登場しないので、知名度はそれほど高くない。ところが実はとても充実しているんだ。つまり、穴場的部屋!

個人的な話をすれば、今から10年以上前、〝なみ〟と初めて使った部屋がこちら。その後SM放浪の旅に出て、最初の頃何度かお相手いただいた素敵なM女性と初めて使ったのもこのお部屋。そして昨年、〝ゆえ〟と出会い、初めて使ったのもこちらの部屋。そういう意味では〝Y〟にとっては大切な人との忘れ得ぬ「初プレイ」に縁のある部屋ということになるね。

さらに、比較的最近リニューアルされたので、かなり綺麗で使い勝手の良い部屋になっているよ。

もし初めてこのホテルを使う人で、人気のお部屋、例えば、101号室、102号室、603号室などが満室の際、こちらを確かめてみて。もし空いていればラッキー!ということに。


壁にはもちろん小道具類も

ホテルの公式HPの説明によると、設備は以下の通り。

・Suspension (ツリ)
・X十字架
・宇宙遊泳
・変形椅子
・ブローバス


もちろん、ベッド横は鏡が……

普通のラブホではともかくも、アルファインでブローバスがあるというのは珍しいね。

この部屋のベッドには手足枷もついている。

X字架については、以前は体をそのまま回転できるものだったけれど、今は回転不可。

ツリもあるので、縄が好きな人も楽しめる。

お部屋のインテリアは洋風。やや古風なギリシャ的な要素は最初の頃の内装の名残かな。床、そして天井の「赤」を基調としたお部屋の色合いは苦手な人もいるので、その点は気をつけてね。〝Y〟も以前、ご一緒した方で「あの部屋の赤い雰囲気だけは苦手なので避けて下さい」という人もいたので。

お値段はまさに中クラス。

2時間の休憩(REST)が14,690円。そして宿泊(STAY)は25,690円という具合。(その後、2019年10月の価格改定によりRESTが15,530円、STAYが27,150円となりました)


宇宙遊泳はやっぱり楽しい!

この部屋の良さは何と言ってもほどよいコンパクトさ。X字架でのプレイの直後に数歩歩いてそのままベッドになだれ込んでのプレイも容易。以前、604号室の時にも触れたけれど、やはり、お部屋のコンパクトさっていうのは、色々な責めを行うのにはメリットとなりえるんだ。

一方、コンパクトな部屋ながら、背もたれの角度調整が簡単にできるSMチェアの「宇宙遊泳」が設置されているのも得点高い!このファンの多いSMチェア、他はもっと値段の高い部屋にしか置いていないから。かなり大型の「宇宙遊泳」を置いていても圧迫感のないほどよい広さが確保できる。その空間で吊りをしたりも楽しめるんだ。

それと、このお部屋にあって非常にユニークな設備が、公式には「変形椅子」と呼ばれている設備。他の部屋にも同じ名称のものはあるけれど、この部屋のものはちょっと毛色が違う。

はい、これ

初めて見た人はどう使うんだろう?と絶対に戸惑うはず。説明書も何も無い。

だから、〝Y〟が使っている方法が正しいかどうかはわからないよ。でも、多分、こう使うんじゃないかな…。モデルは〝ゆえ〟です!

そう。仰向けに頭が下になるように奴隷を寝かせる。そして、両手を革の手枷で拘束した上で両脚を強制的にがに股開きにさせる。そして、局所を責める…そんな素敵な道具なんだ。これを見たとき、一体誰が、どういう風に発想して作ったんだろうと、それはもう、感動に打ち震えてしまったね。

もし、これがどこかメーカーの製品ならば、そのメーカーに入社して製品開発の仕事をお手伝いしたい!と思ったくらい。

密度の濃いプレイを楽しんだあとはお風呂へ。お風呂は冒頭にふれたようにジェットバスというのも珍しいし、とにかく浴槽が広い。また、トイレ併設だけど空間自体は広いので、そこでゆったりまったりとプレイの疲れをとるのにもちょうど良いんだ。もちろん、バスルームはプレイルームからガラス窓で見えるようになっているよ。〝ゆえ〟にはじめてオ*ッコを飲ませたとき、その映像を撮るのにバスルーム内ではレンズが曇ってしまうので、プレイルームからガラス越しに撮影をした。そんな使い方もできるよ。

そういうわけで、401号室「奴隷市場」はアルファインの中でも得に満足度の高い部屋。

みなさんも、このお部屋が空いていれば、ぜひ!


暗い中にX字架が浮かび上がる
雰囲気は抜群!


この本にもアルファインが紹介されているよ!