アルファインのお部屋 301号室「サド侯爵」~2

2021年9月8日


入口から見るとこう

東麻布にあるSMの聖地、アルファインのお部屋紹介、今回は301号室「サド侯爵」。以前にもこのお部屋について書いたけれど今回はその改訂版。

アルファインの各部屋にはそれぞれ独特の名前が付いているよね。それぞれの名前が何を意味するのか、どうして、その部屋についているのかを考えるのもまた楽しいもの。

そんな中で「サド侯爵」はズバリ!元祖SM!という名前。そう、お部屋の種類も「スタンダード」というまさにSMのメインストリーム的な部屋に分類されているよ。

REST(休憩&サービスタイム)が12,530円、そしてSTAY(宿泊)が23,530円。これは価格帯でいえば、やや安い方のカテゴリー。(その後、2019年10月の価格改定によりRESTが13,240円、STAYが24,860円となりました)


奥からだとこういう風になる

さて、お部屋の設備は2018年4月に利用した際は、以下の通りだった。

・磔台
・十字架
・後背位専用便女

このほかに電マが常備され、ベッドには手足枷がついている。

責め具の数だけ言えば意外とシンプル。でもね、上記の中に…、そう、気づいた?

「後背位専用便女」。以前は確かこの部屋に置いてあるのはSMチェアだったけど、その代わりに置かれたこの装置。AVメーカーのソフト・オン・デマンドがホテル向けに製作しているSM責め装置の1つ。同社の「射精公衆便女 SUPER STAR 大沢美加」というAVにも登場するね。

一部に熱狂的なファンを持つ装置。


これがその装置

奴隷を上半身前にかがませた格好で固定して下半身があらわになるというもの。顔はフェラチオに良い位置にくるし、下半身もいくらでも責め放題というとてもとても便利な木製の大型道具。これが置いてあるんだ!これだけでもこの部屋に行きたい!と思う人も多いはず。


フェイスクラッチマスクを装着した〝ゆえ〟を
この装置で責める
ジップオープンタンガーから突きだしたご主人様の
モノを不自由な口でご奉仕する

それとね、磔台というのは他の十字架やX字架とは少々趣が異なるんだ。つまり、奴隷が固定された場合、背中を預けるものがない。したがって、磔にしたまま背中に鞭を打つことが可能。そう、これは鞭打ちの楽しみが広がるよね!キツイ鞭の打ち方もできるし、そういう意味でもこの部屋はシンプルながら初心者から上級まで使える、まさに「スタンダード」という看板に偽りなし。もっとも吊りの設備がないのだけは残念だけど。


磔台は十字架やX字架とは違った魅力が

この磔台、奴隷の方は辛い。手が空中に吊らされたまま。途中で腕を預ける場所がないからね。手が痺れてきたようだったら、手枷の位置を変えるとか(中央にもフックがあるよ)、そうした配慮はしてあげようね。


〝ゆえ〟も途中で音を上げそうになる

部屋全体の照明はやや暗め。その分、ムードが出るのだけど、奴隷の写真を綺麗に撮りたいと言う人はライティングに工夫が必要かも。

コンセントが多いのもこの部屋の特徴。これはAC電源のオモチャを使うときにもありがたいよね。

そして、もう一つ。アルファインのお部屋は鏡の使い方が凄く上手なんだけど、この部屋も例外ではないよ。ちょうど磔台や後背位専用便女の向かい側とベッドの向かい側に大きな鏡がある。だから、プレイをしながら、鏡に映る奴隷を眺めるのも楽しいし、奴隷もまた、責められている自分の姿を目にすることになり、羞恥にうつむくことになるというわけ。特に後背位専用便女の場合は、奴隷の後ろに座って、下半身を後ろから責めていても、向かいの鏡越しに奴隷の表情を見ることができるんだ。これは楽しい!

プレイルームからバスルームも見えるから、奴隷のシャワー姿を見るのもおつなもの。あるいは、逆にプレイルームに奴隷を磔にしたままオモチャをとりつけよがり狂わせ、自分はゆっくりとシャワーを浴びながらそれを眺めているという楽しみも!

色々な楽しみ方がリーズナブルにできる良いお部屋だよ。


別の角度からの部屋全景

<参考>
・アルファインの公式HP
http://www.hotelalphain.com/
・アルファインのfacebook
https://www.facebook.com/hotelalphain/


この本にもアルファインが紹介されているよ!