アルファインのお部屋~601号室「拷問地獄」

2021年9月6日


結構広くて、見通しも良いお部屋

アルファインのお部屋を紹介するシリーズ。今日は6階にある広いお部屋、601号室「拷問地獄」だよ。

このお部屋はホテルの分類では「オールマイティ」となっている。つまり、何でもできちゃう便利なお部屋。確かに昔から雑誌のグラビアなどでよく登場する部屋。人気もあるんじゃないかな。〝Y〟がホテルを訪れると、ロビーの掲示板の灯りが消えていて、使われていることが多いからね。

その分値段もやや高い方の設定で、REST(休憩&サービスタイム)が16,850円、そしてSTAY(宿泊)が32,170円となっている。(その後、2019年10月の価格改定によりRESTが17,820円、STAYが34,200円となりました)

設備としても、かなり大がかりな設備が多いよ。ホテルの公式ページによると以下の通り。

・Suspension (ツリ)
・オープントイレ
・宇宙遊泳
・馬
・ブローバス

特に目を惹くのは、まずオープントイレ。このトイレ、和式が部屋の一角にむき出しになっているんだけど、特に、その壁に革の手足枷がついていること。そう、奴隷を四肢拘束したままの状態で、排便や排尿させることができるという仕組み。これは他の部屋にはあまり見られないものので、非常に重宝するし、これを見ると、絶対に使いたくなっちゃう。


これは絶対に奴隷を拘束したくなるよね
究極の羞恥プレイ!

追記:
この和式トイレ、2020年頃には改装によりシャワートイレに変更になったよ。下がその写真。ご覧のように手足枷は健在。

それと、馬と宇宙遊泳はファンの方も多いと思うので、両方が揃っているという点もうれしいね。特に、この馬。結構責めとしてはなかなか重い責めができるのだけど(特に鞭打ち)、それに反して顔の部分のつぶらな目の可愛いこと!このギャップがいつも素敵だと思ってしまうよ。

ブローバスについては、アルファインでは湯船は使わないという主義の人にとっては無用かもしれないね。それと、シャワーの水回りがやや不便だったけど、〝Y〟がこの部屋を使ったのはかなり前なので、その後改善されているといいな。ただ、スペース的にはかなり広いお風呂なので、お風呂でプレイをされる方には重宝するんじゃないかな。

吊りに関しても2つ滑車が用意されているし、梁だけでなく、十字架の横に立てられた柱にもいくつもフックがある。いろいろな使い方が出来るようになっているみたいだね。

さて、もう一つ、ここに書かれていないけど、この部屋では、ベッドが檻の中にあるというのも特徴的だね。責めとしての実用度はさほどないかもしれないけど、やはり、ムード…ということを考えるとかなり嬉しいもの。檻の中に閉じ込めた奴隷をベッドでオナニーさせ、それを檻との外から観察して楽しむなんてシチュエーションもいいよね。もちろん、ベッドには手足枷がついているよ。


十字架の革も使い込まれて
いい雰囲気を出しているね

十字架も目の前に大きな鏡があるのも得点高い。宇宙遊泳をそこに置いて奴隷を責めるのは奴隷自身にその狂態を見せつけるという意味でも楽しいしね。

こうしてみると、分類の「オールマイティ」というのは看板に偽りなし!この部屋なら1晩、寝ずにプレイをし続けたとしても、決して飽きないと思うよ。

部屋が広くて、しかも見通しが良いので、撮影などをされる人にはとても便利な部屋だと思うし、赤を基調にしたこの部屋は昔ながらのアルファインのイメージを色濃く残しているから、それが好きという人にはたまらないんじゃないかな。それに、トイレのプラスチックでできた蔦のチープさも懐かしい!あ、そうそう、壁上方に取り付けられた水洗トイレのタンクもね。実際、〝Y〟もこの部屋に入ると、AVが流行始めた、昭和50年代から60年代のあの淫靡な時代を思い出して懐かしい気分に浸ることができるんだ。

アルファインを代表する部屋の一つ、チャンスがあればぜひ利用してみてね。


檻というのは、ムードを出すよね……


この本にもアルファインが紹介されているよ!