〝ゆえ〟の小窓~30 小窓の裏話

2021年9月30日


フェイスクラッチマスクでしゃべれない〝ゆえ〟、
こうして文字で想いを綴ってくれる

奴隷のモノローグ。今回は皆さんの中にこんな疑問を持つ方もいらっしゃるんじゃないかな……、と考えた、〝ゆえ〟のその「回答」だよ。

****************

〝ゆえ〟の小窓、沢山載せて頂いております。
読者の皆様の中には、もしかしたら本当に〝ゆえ〟が書いてるの?と疑問を抱かれている方もいらっしゃるかもしれません。
今回はその辺りを書いてみたいと思います。

はじめに答えてしまうと、〝ゆえ〟の小窓は〝ゆえ〟本人が書いたものを、ご主人様がほぼそのまま載せてくださっています。

〝ゆえ〟がメールで原稿をご主人様へ送りまして、ご主人様が内容に見合った写真を見繕ってくださり、ご主人様の気分次第で掲載してくださいます。

ご命令を受けたばかりの頃は、

〝ゆえ〟なんかが書いたものをブログに載せてくださる?
えっ、嘘?!
本当にそのままアップされてる!
恥ずかしすぎる!
と、目玉が飛び出る&顔から火が吹き出る勢いでした。

今でも、本当に書けるのかな?と、いつも【はてなマーク】が隣にいます。

この東京ボンデージライフは、随分前にご主人様が始められたブログです。
以前はタイトルが違いました。懐かしいです。
ご主人様が、掲載や管理といった(小声で言います…面倒臭い)事を全て行ってくださっています。

ご主人様はブログにかなり情熱をかけていらっしゃると思います。
なので、〝ゆえ〟なりに小窓にはルールを敷いています。

決まりごとを作るのが好きな奴隷ですね(過去の小窓参照です)

1つ目は、東京ボンデージライフの雰囲気を壊し過ぎない内容にすること。です。

ご主人様のブログ記事は全て、何度も読ませて頂いております。

ご主人様がこのブログを通して何を発信されたいかを、〝ゆえ〟なりに考え、そして、ブログを見てくださる方が興味を抱いてくださるような内容を選んでいるつもり……です。

ご主人様から言わせると「〝ゆえ〟の小窓は好きなように書いていい」そうなのですが……どういう意味なのでしょう?

好きなように……が、わからない奴隷です。

2つ目は、わかりやすい表現を使った文章を書くこと。です。

文字だけの表現では勘違いが生まれやすいので、何度も読み返して直したりしています。

なんだか真面目な文章になってしまいました。

これからも、皆様に興味を持って頂ける文章を書けるように、精進したいと思います。

おしまい

****************

そう。〝ゆえ〟がホントに書いているんだ。そして、ごくわずかな表記の統一などで、ご主人様が手を加えるくらい。後は〝ゆえ〟の自由に任せて、そのまま掲載している。

「好きなように……」がわからないというのも、きまじめな〝ゆえ〟らしいね!

これからも愛奴のモノローグ、お楽しみに!そして、時折〝ゆえ〟を褒めて下さればご主人様の〝Y〟も嬉しいよ。