〝ゆえ〟の小窓~33 コメントをくださる皆様に

愛奴のモノローグ、今回は皆様への御礼を……。

*******************

〝ゆえ〟がブログに登場して、はや5年は経つように思います。

その頃から絶えずブログを訪問してくださり、コメントまで残してくださる読者の方々がいらっしゃることは、〝ゆえ〟も重々存じております。

ご主人様が表立ってお返事を書いてくださっていますが、
今回この場をお借りして、お礼を申し上げたくなりました。

以前から〝ゆえ〟に対してのコメントを頂く度に
「嬉しい……恥ずかしい……お返事を書いて差し上げたい……けれど、これはご主人様のブログ。〝ゆえ〟は奴隷に過ぎないのだから、出過ぎた真似は良くない」
と、ずっと思っていました。

読者の皆様からのコメントを受けて
「〝ゆえ〟はご主人様の奴隷を続けて良いのかも……」
と、応援して頂けているように感じています。

時には、
「そうか……〝ゆえ〟には、このようなことが求められているのかも知れない」
と、気づくきっかけを与えてくださることもあります。


クローゼット内に拘束され
ガスマスク越しで皆さんにご挨拶

月日が流れて、〝ゆえ〟の小窓を持たせて頂くことに。

そして、ついに小窓の内容に対して……とも受け取れるご感想を頂けるまでになりました。

本当にビックリしています。
ありがとうございます。

どうか、これからも末永くこのブログを閲覧して頂けたら幸いです。

〝ゆえ〟もご主人様に飽きられないように、そして、見た目が醜悪にならないように、日々気を引き締めて過ごしていきたいと思います。

おしまい

*******************

当初、SMは全くの初心者だったということもあり、ご主人様の奴隷であることに自信がなかったという〝ゆえ〟。

それが、皆さんの励ましのおかげでここまで続き、そしてM女として成長したよ。

皆さん、本当に応援してくれてありがとう!

これからも〝ゆえ〟と〝ゆえ〟の小窓をよろしくね!