アルファインのお部屋~402号室「排泄学園」

2021年9月8日


部屋入口から見るとこう

東京は狸穴にある奇跡のホテル「アルファイン」。そのお部屋を紹介するシリーズ。今回は402号室「排泄学園」。前回は305号室「診察学園」だったよね。全館に2室ある学園部屋の一つ。おそらくセーラー服を奴隷に着せてプレイをしてね!というオーナーさんの思いではないかと想像するよ。

ちなみに価格は、RESTが10,960円、STAYが17,820円とアルファインではかなり安い!

さて、この部屋の公式ページによる設備は次の通り。

・Suspension (ツリ)
・十字架
・オープントイレ

そう。オープントイレ。これ、ビギナーには敷居の高い設備。でもね、この部屋は洋式。だから、和式に比べればはるかに羞恥度は低い…はず…、とはいえ、これでも、初心者には辛いかな。でも、次第に調教を経て、そろそろ晒しトイレデビューをさせたいな…、というときには、ちょうどいいと思うよ。しかもこの晒しトイレは本当に普通の洋式なので、表情は楽しめるけど、「ナニ」が出てくるところは見えないから。これが、和式だったり、あるいは、502号室「拷縛便器」にあるような跨ぐタイプの洋式トイレだと、結構キツイもんね。


部屋の奥からはこう見える

十字架はかなり太めの明るい色の木材でできている。支柱の上部は少しだけ前面に倒れるような角度になっている。これが、また、独特の姿勢を奴隷に与えることになる。そう、首を少し下げ気味になるわけ。すると何が起きるかというと、ボールギャグなどを噛ませていると、涎が出やすくなるんだね。これも楽しい工夫。

十字架の正面にはソファがあるので、磔にされた奴隷の口から涎が次々と垂れてくるのをお酒でも飲みながら眺めて過ごすと、至福の時が味わえるよね。

そうそう、このブログ、PCでご覧の方は右コラムにブログランキングの写真があるけれど、これはこのお部屋で撮った十字架に磔された〝ゆえ〟の姿。


以前のURLでブログランキング
写真はこの部屋でのものだった

そして、この部屋には吊りがあるので、縄を愛する人たちも十分楽しめる。そういえば、このお部屋、シンプルな設備なので、逆にスペースを広く取れる。だから、吊りも思う存分楽しめるし、ロウソクプレイなども楽しめるよね(ホテルが無料で貸し出してくれるシートを必ず敷いてプレイしようね)。


滑車やフックが……

さて、このお部屋のインテリアは、他のお部屋とずいぶん印象が違う。それは壁紙。ゼブラのような縞模様。これはアルファインよりも、普通のラブホでみかけそうなデザイン。だから、このお部屋に最初に足を踏み入れると、あまり「おどろどろしさ」はない。だから、初心者のM女性でも、安心して足を踏み入れられるんじゃないかな。(晒しトイレではあるけれど)


写真では見えにくいけど黒のボールギャグもある
小道具は一通り揃っているよ
そして、ゼブラのような壁紙が印象的

それから、お風呂とプレイルームの間には大きな窓が。シャワーを浴びている奴隷を眺めるのも楽しいし、逆に十字架に奴隷を磔にしたまま、それを眺めながら、ご主人様がお風呂を楽しむというのもありだね。

比較的最近にリフォームを受けたようで、水回りも良いし、清潔感があるよ。

そして、照明はやや暗いので、その点も抵抗が少ないかもしれないね。

電マはないので、お好きな方は持参してね。

トータルで見ると、吊りもあれば、洋式だけど晒しトイレも。中級者から上級者まで使えるコンパクトな良い部屋だと思うよ。


この本にもアルファインが紹介されているよ!