まさか!こんなところにボールギャグが!?

2021年9月8日

某月某日、都内某ホテルに滞在したときのこと。

欧米系の人が多く滞在する都心のビジネスホテル。

フロアを行き来するのはピシッとスーツで決めたビジネスマンやビジネスウーマンとおぼしき人たちがたくさん。

そんな、なんとなく緊張するような雰囲気の中で、〝Y〟が突然驚く事が…。

エレベーターホールのすぐ横、小さな部屋があって、自動販売機コーナーになっている。

そこのドアの下に、こんなものを見つけちゃったんだ。


見覚えあるでしょ?

えっ!!!

えっ???

なんで???

なんで、ボールギャグがこんな床に落ちているの?

驚いてドギマギしてしまう。

こんなピリっとした雰囲気のビジネスホテルでもSMプレイをする人たちがいたの?

でも、よぉく見たら…。

あれ?なんかついている…。

ははぁ~ん、これは…。

ドアを動かしてみたら…、


こうなっていたんだ!

そう、実はボールギャグではなく、そのボールにヒモを通して、ドアストッパーとして活用していると判明。

もともと、ボールギャグのボールって、ゴルフの練習用「ホローボール」。きっと、このホテルのスタッフのだれかが、ゴルフファンで、手持ちのホローボールを加工して作ったのかもしれないね。いやいや、もしかしたら、ホテルのスタッフがSMファンで自分でボールギャグを作ろうと、ホローボールを大量に持っていたと言うことも考えられなくはない…、って、それはないか(笑)。

こうしてみると、ホローボール、ボールギャグになったり、ドアストッパーになったり、大活躍なんだね。

ああ、それにしても驚いた!

えっ?こんな驚き方をするのは〝Y〟くらいのものだって?

いやいや、このブログをごらんの皆さんも〝Y〟の「ご同類」。その場にいれば、きっと驚かれるはず…。(笑)


でも、このボールはやっぱり
奴隷に使うのが一番……