ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~3

2021年10月2日


こうして、面体をかぶった上でヘルメットも装着
さらにエンクロージャー感が増すよ

4回シリーズでお送りしている、陸上空気呼吸器を用いたラバーの楽しみ方(こちらが1回目2回目)。その3回目。何だか、エロ話じゃなく、だんだん、研修の講義みたいになってきちゃったね…。同じ事をしてみたいと思う方もいらっしゃると思うので、ま、おつきあいのほどを。

<<ボンベの点検>>

先に書いたように、ボンベは法律で数年に1回の点検が義務づけられているんだ。そうした点検は必ず受けなきゃだめ。自分だけじゃなく、周りの人たちの命も守るために。それに、点検の刻印がないとエアチャージを業者さんが受け付けてくれないし。でね、インターネットで検索すると沢山の会社がボンベの点検を受け付けてくれる。そうしたところにボンベを運び込むか宅配で送ると、点検し、エアチャージをした上で送り返してくれるところがあるので、それを利用するといいよ。

検査の値段は大体1万円~1万5千円くらい。

ただし、検査がしっかりしているところと、いい加減なところがあるんだ。だから、必ずネットで念入りに情報を集めて、良い会社を選ぶこと。しっかりしたところは内視鏡を使っての内部点検とか、ちゃんとやってくれるよ。何度も言うけれど、一歩間違えると事故につながるボンベ、くれぐれもちゃんとした点検を必ず定期的に受けてね。

それと、ボンベを宅配などで運ぶ場合は注意。宅配業者さんによっては空気が入っているボンベは送れないという業者さんも多いんだ(空気が抜けていればOK。ただし、スキューバ・ダイビングなどのタンクでは、空気を完全に抜き取ると錆が生じるきっかけになる場合があるので、必ず少しだけ残しておく習慣があるよ。陸上空気呼吸器用のボンベでも湿気が入り込まないためには少しだけ残しておいた方がいいかも)。もっとも点検に出す場合は空気はわずかしか入ってない状態が多いだろうから問題ないけど。逆に、送り返してもらうときに業者さんが利用している宅配だったら、そこは過去に実績があってOKということだから、確認してみてね。それと、もちろん「空輸」はダメというケースがほとんどなので、宅配で空輸を日常的に利用するという地域の方は注意。

それとボンベ、高温多湿の所に放置しないで、大事に扱ってあげてね。陸上空気呼吸器のボンベって、大切にすると、塩水と高圧にさらされるスキューバ用のタンクと違って、ホントに長持ちして、何十年か使えるものだから(ただしFRPは法律で使用期限があるけどね)。

<<ボンベの買い替え>>

で、もしもボンベが点検で不合格だったら…。

そういう場合は新たに新品か中古を購入するしかないよね。ボンベはインターネットの通販でも買えるけど、その場合、自分の持っている陸上空気呼吸器に合うかどうかを必ず確かめてね。まず圧力が合うかどうか。調整器(レギュレーター)の対応圧力に対してボンベの圧力が高いとダメ。事故になっちゃうよ。でも逆は可。それと、呼吸器の中・高圧ホースの取り付け金具が合うかどうかも問題。心配ならば、純正、つまり、呼吸器と同じメーカーが安心だよね。また、取り付け金具が違う場合にはそれを合わせるためのアダプターなどもあるみたいだから、ボンベ専門に扱っているお店で聞いてみるのも手。

購入する場合、ボンベ自体の「素材」は重要なファクターだよ。

前にも書いたように、スチール製ならば点検は5年だし、15年以上経っても点検さえ合格すればずっと使えるし、5万円前後で手に入る。ただ、やたら重い。10kg近くあるタンクを背負うのはちょっとコツがいるし、慣れるまで大変。

FRPなら半分の重さで済むし、高圧の29.4MPaにも対応している。その分、長時間空気が持って使用できる。でも、点検は3年ごとだし、15年で廃棄処分しなけりゃいけないんだ。そして値段も鋼製の3~6倍。

どっちを取るか…だね。

それと、ボンベはそのまま捨ててはいけない!必ず専門の業者さんによる廃棄処分を受けてね。これも法律で決まっているんだ。新しいボンベを買う際に業者さんによっては古いボンベを下取りしてくれるところもあるから、そういう所を利用するといいよ。

それと、ボンベは買わなくても、リースしてくれるところもあるんだ。空気を充てんした上でリース。空気が無くなれば、送り返して、また充填してくれる。年間いくらという値段で契約を結ぶこともできる。そうなると定期点検も必要なくなる。自分の使用状況を勘案して買わずにそういう所を利用するのもアリだね。

この項、もう1回、続くよ。

注意:
ここに書いた事はすべて自己責任でお願い。何が起きても〝Y〟は責任とれません。それと、エアチャージやボンベの点検、入手など、どのお店がいいかも問い合わせにはお答えできないのであしからず…。

ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~1
ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~2
ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~3
ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~4