〝ゆえ〟の小窓~29 〝ゆえ〟の苦手なこと その2

2021年9月30日


イキ過ぎてダウンの〝ゆえ〟
こうして目隠されていれば、
ご主人様の目を見なくてもすむね!(^^)

愛奴の〝ゆえ〟、フェラご奉仕や連続イキなどなど得意なことも沢山あるけど、苦手な事もある。ロウソクや逆さ吊り。そうしたことは「あるある」と同意する奴隷さんもいらっしゃるだろうね。でも、今回取り上げる「苦手なこと」というのは、ちょっと驚く人もいるかもしれない。

では、この先は〝ゆえ〟の独白で!

****************************

前回はご調教の種類で苦手なことを書いてみました。(こちら

今回はもう少し踏み込んでみましょう。

ご主人様のご命令の中で、難易度の高いものがあります。

これだけ関係を続けさせて頂いても、〝ゆえ〟自身の遠慮や、立場の違いから難易度が高く感じられてしまい…。

一般からは、ズレているかも知れませんが、幾つか上げてみましょう。

その①:ご主人様のお身体をセックス中に掴む

その②:ご主人様の目を見てお話する

その③:ご主人様の手を〝ゆえ〟から握る

これら全て、一般的な女性なら、恐らく自然に出来ることだと思うのです(〝ゆえ〟の主観です)。

しかしながら〝ゆえ〟にとっては、
ご主人様が「いつでもして良いし、いつも俺の目を見なさい」と仰ってくださっても、、

【いつでも】とは【いつ】なんだろうか??

と、わからなくなり、挑戦するのを諦めてしまい……
結果、ご命令を遂行出来ないでいるのです。
同時に、出来ない言い訳ばかりが、頭の中をぐるぐるするのです。

以前ご主人様が、これらのご命令を強めに発令し、がんばる〝ゆえ〟を見て楽しんでいらっしゃいましたが、、
後日の、〝ゆえ〟の精神不安定さをフォローする労力とを天秤にかけると、、コスパの悪いご命令だったみたいです。

ですから最近は、〝ゆえ〟が自発的に命令を遂行するように、ご主人様は見守る形を取られているように思います。

こんな風に文字化すると、ご主人様って奴隷を好き勝手に出来ないの?
奴隷の心の問題とか向き合うの?めっちゃ面倒…。と、思われる方もいるかも知れません。

そうですよね…
心の問題は、大変で面倒な事だと思います。
でも、その辺りも受け止めてくださり、乗り越えさせようと手助けしてくださるから、【ご主人様】なのだと思います。

〝ゆえ〟のご主人様は、使うばかりでなくメンテナンスにも力を注いでくださる、そんな素敵なご主人様なのです。

おしまい

****************************

奴隷は十人十色。いや、百人百色。本当に様々に個性があるよね。思いもいろいろ。

そして、ご主人様として〝ゆえ〟という奴隷を運命の神様から預かった以上、その個性を活かした育て方や主従関係を持つことが一番じゃないかなぁ…と思う〝Y〟。

なんだかエラソーな事を言っちゃったけど、要は二人がお互いに楽しめ、充実感を持てるSMをすることが一番だね……、ということ!(^^)