「ボンデージで四十八手」、革拘束具をつけて、江戸時代から伝わる48手に挑戦!~その1

2021年9月10日


江戸時代から伝わる性の体位、四十八手を
半分終えて、快楽に動けなくなった〝ゆえ〟

皆さんもご存じの「四十八手」。全部試した人、いる?

〝Y〟はね、実は少し前、〝ゆえ〟と一緒に全部制覇してみた!そして、せっかくだから、〝ゆえ〟にはボンデージの革具をつけさせて…。そう、名付けて「ボンデージ四十八手」。

日本は性に対して、非常に大らかだった時代がある。特に、性の快楽を求めるための追求の精神は、その勤勉な国民性からか、四十八手だけでなく、様々な技術や知識を残している。それが、近年、近代化とともに、失われてしまったのは残念。

でも、しっかりと生き残った四十八手、これは、継承したいね!

ということで、これから5回シリーズで、ボンデージ四十八手の写真と感想をお伝えするね。

何でボンデージ?

とは、尋ねないでね。(笑)

だって、このサイトは革やラバーのボンデージ追求のサイトだからねぇ。他に特別な意味は無し…(爆)。ま、酔狂な遊びだと思ってちょうだい。

掲載写真に関しては、全部動画からのキャプチャーのため、やや解像度が荒いのはご承知置きを(動画の公開は、以前からお伝えしているように、色々な事情があって、今のところ考えてないので、ごめんね)。

それと、〝Y〟も〝ゆえ〟も革製の下着をつけているけど、実はどちらも(ジップ)オープンタイプなんだ。だから、リアルな快楽の表情をとらえている。

それが証拠に2回にわけて行った四十八手、それぞれ終わる頃には、快楽で、〝ゆえ〟はヘトヘトになったもん。その証拠がトップの写真。

なお、今回のプロジェクト!にあたって、「panpan」さんのサイトにとてもお世話になった。わかりやすいイラストつきで感謝!ちなみに今回の四十八手の番号はそのサイトに従っているよ。

というわけで、さっそく「立ち鼎」から見ていこう!

01.立ち鼎(たちかなえ)


身長差によってはつらい部分もあるけれど、〝ゆえ〟の感想から。「いつもは当たらないところに当たっているようで、気持ち良いです。オマンコも立っている状態で、締まってきているので、当たっている感覚が強いのだと思います

02.千鳥の曲(ちどりのきょく)


いわゆるフェラなんだけど、女性が体を男性の横に置くんだ。「ご主人様の体の横にいることで、片手でご主人様のおちんぽ様を刺激しながら、もう片手を伸ばしてご主人様の乳首を刺激させていただいたりしやすいと思います。

03.立ち松葉(たちまつば)


かなりアクロバティックな挿入となるけど、この不自然さゆえ「自分がまるで壺になって、ご主人様を受け入れているような感覚です。まるで、自分自身、全部がオマンコになって、ご主人様を受け入れているような、そんな感じがします」と、〝ゆえ〟。

04.深山(みやま)


いわゆる正常位。「いつものフィニッシュの時のような感じで嬉しいです

05.立ち花菱(たちはなびし)


クリニングス。腰枕でむき出しに。「クンニは普段、ご主人様にはあまりしていただいたことがないので、何だか申し訳なく思います

06.鵯の逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)


悲鳴をあげて、早々に体を下ろしてくださいと懇願。「体勢がつらいです。何より、ご主人様に足を持ってささえていただくなんて、奴隷として、申し訳ないです…」 おお、これも奴隷として優秀な答えだなぁ…。(^^)

07.碁盤攻め(ごばんぜめ)


バック。両手で尻を叩いたりして責められるという意味でもSM的に楽しい体位。「自分でも腰を前後に振って刺激を得ることができますし、ご主人様に使ってもらっているという実感があって嬉しいです

08.首引き恋慕(くびひきれんぼ)


お互いの首に縄をかけるという、かなりSMチックな印象。特に女性は気持ち良くなると上体を仰け反らせる反応を見せる。すると、お互いに縄が首の後ろに食い込むという仕掛け。こんな体位が江戸時代から楽しまれてきたなんて…。ちなみに、〝ゆえ〟、もうこの頃には気持ちが良すぎて、ろれつが回らない。感想を聞き出そうとしても無理だった!

09.絞り芙蓉(しぼりふよう)


休憩をはさんだので、意識が戻り、感想を求めてみたけど、ろれつはハッキリしても、ただただ「気持ちイイですぅ!」としか叫べなくなっている〝ゆえ〟。また休憩が必要かな…。(笑)

10.鳴門(なると)


絞り芙蓉からさらに、女性の足を持ち上げて、奥深くまで挿入し、そして、膣をかき回す…というのだけど、実際にやってみると少々難しい。〝ゆえ〟「…よくわかりません…」という感想。う~ん、この体位はもう少し色々と研究してみる必要がありそうだね。

この記事、まだまだ続くよ

このシリーズ各記事へのリンク(タイトルをクリックしたら移動できるよ)
「ボンデージで四十八手」、革拘束具をつけて、江戸時代から伝わる48手に挑戦!~その1
「ボンデージで四十八手」、革拘束具をつけて、江戸時代から伝わる48手に挑戦!~その2
「ボンデージで四十八手」、革拘束具をつけて、江戸時代から伝わる48手に挑戦!~その3
「ボンデージで四十八手」、革拘束具をつけて、江戸時代から伝わる48手に挑戦!~その4
「ボンデージで四十八手」、革拘束具をつけて、江戸時代から伝わる48手に挑戦!~その5(最終回)