「ボンデージで四十八手」、革拘束具をつけて、江戸時代から伝わる48手に挑戦!~その5(最終回)

2021年9月10日

「ボンデージ四十八手」もいよいよ最終回。今回は「浮き橋」から「燕返し」まで。

41.浮き橋(うきはし)


後背位だけど、女性は体をベッドに預け、男性が腰の部分をかかえて宙に浮かせての挿入。だから、女性はかなり楽なポジション。これも、角度によっては、うまく、ペニスがフィットするよ。「さっきの『宝船』の役割を逆にしたようですね!深い挿入感があります!」と、〝ゆえ〟。さらに、そのまま腰を下ろして、男性が自由になった両手で、クリや乳首を刺激するのもまた楽しい。

42.抱き地蔵(だきじぞう)


座位のオーソドックスなもの。お互いにキスをしたり、あるいは、お互いの上半身をなめあったり…、いろいろな楽しみ方ができるよね。騎乗位と良く似て挿入が凄く深くて満足度も高いよ。最初は「普通の騎乗位と一緒です」と言った〝ゆえ〟。でも、一つ違うのは、椅子などに腰掛けているので、ご主人様の上半身が〝ゆえ〟に向かい合い、挿入したまま、キスしたりできる!精神的な満足感も強く、〝ゆえ〟も大満足の体位。

43.達磨返し(だるま返し)


縄を使った体位は四十八手には4つあるけど、その最後のもの。やっぱり、江戸時代の人も縄に興奮したのかな…。時代が変われど、SMは不滅だねぇ…。スネと太ももの部分を折り曲げて縛り、さらに腰をやや持ち上げた形になることから、男性側の女性に対する征服感がとても強いよ。また結合部も露わになるので、そこを指で刺激したりするのも楽しい!「再び、壺になってご主人様を受け入れているような感じですぅ」と、「03.立ち松葉」と似た感想を〝ゆえ〟は口にした。

44.乱れ牡丹(みだれぼたん)


座位。同じ方向を向き、女性の股が大きく開かれるので、鏡の前で行うのが最高!そして、この座位の良いところはやっぱり男性の両手が自由ということ。乳首、クリといろいろといじって遊べる。

45.仏壇返し(ぶつだんがえし)


ワンちゃんスタイルのバック。両手が床なので、女性の方としては頭に血が上り、結構苦しい。かなりの被虐感、被征服感を味わう。そして、もちろん、男性側としては挿入しながら、鞭打ちもスパンキングも楽しめる、Sの王道と言える体位。「すごぉく、SMっぽくて楽しいです!」と〝ゆえ〟。そうそう、あそこに空気が入りやすいのか、直後にプリプリと大きな音が!〝ゆえ〟の場合、この体位では「マン屁」が出やすいと恥ずかしがっていた。

46.菊一文字(きくいちもんじ)


騎乗位だけど、女性が足を大きく開く。案外難しい体位で、女性にとっては、やや厳しさも。「開脚が苦手な私には、かなり辛いです。180度の開脚ができないと…」と、強い責めになっていた。そして、むき出しになったクリをご主人様がいじる楽しみ…。

47.松葉崩し(まつばくずし)


四十八手といえばこの体位というくらいに「代名詞」的存在だよね。正常位の変形で、女性の片足をあげさせることにより、女性は相当に深い挿入感が味わえる。正常位に似ているけど、男性も、自分を支える必要がないので、自由な両手で女性を愛撫。乳首をいじったりすれば、もう〝ゆえ〟は連続イキの嵐に…。これは確実に大きな反応を得られる。「この体位、そ…、そ…、挿入が…、あぁ、深くて…、大…、大好き…、です!あぁぁぁぁぁ、それに,あぁ、乳首も、乳首も、あぁ、いじって…、あぁ、下さるので…、ああ、だ、だめっ!イキますぅ!」と喘ぎながらイク〝ゆえ〟。

48.燕返し(つばめがえし)


「47.松葉崩し」とは逆に女性がうつ伏せになり、片足をあげる。バックの一種。挿入の深さは一緒でも、「松葉崩し」とは、方向が逆になるんだね。女性にとっては腰が上げられた状態は辛い。とはいえ、深い満足が得られる体位で〝ゆえ〟はうめき声をずっと上げ続けていた。これもまたお尻のスパンキングしやすいのが楽しい!

以上で、48の体位を全部経験!

1回の撮影でおよそ半分の体位を数分ごとにこなしていったのだけど、〝ゆえ〟は、その度にしっかりと感じて、どんどん高まっていったんだ。だから、体位を変えて、少し体を離した瞬間も〝ゆえ〟は痙攣を続けていたのが凄く印象的だった。

江戸時代から伝わる日本の庶民の知恵。これ、ぜひ、みなさんも実践してみてね。そして、ぜひ後世に伝えていきたいね!


48手、快楽の渦で動けなくなった〝ゆえ〟

このシリーズ各記事へのリンク(タイトルをクリックしたら移動できるよ)
「ボンデージで四十八手」、革拘束具をつけて、江戸時代から伝わる48手に挑戦!~その1
「ボンデージで四十八手」、革拘束具をつけて、江戸時代から伝わる48手に挑戦!~その2
「ボンデージで四十八手」、革拘束具をつけて、江戸時代から伝わる48手に挑戦!~その3
「ボンデージで四十八手」、革拘束具をつけて、江戸時代から伝わる48手に挑戦!~その4
「ボンデージで四十八手」、革拘束具をつけて、江戸時代から伝わる48手に挑戦!~その5(最終回)